FC2ブログ

連覇ならず。ことしのNo.1は?

「相生山の四季を歩く会」では昨年から
私のお気に入り―冬芽・葉痕コンテストを始めました
冬芽観察中IMG_2802 (640x427)
ことしも熱心に 一人ひとりが審査員
2018年の結果は こちら
ことしは投票用紙を変えました
冬芽投票用紙-001
ひとり5種選べます 合計5ポイント 自在に配分可能
各自の好みがより反映するように 遊び心 思いの拡散

結果は・・・
第一位 ウスノキ(臼の木)ウスノキIMG_2769 (480x640)
20.5ポイント 13人から集めました
第二位 ネジキIMG_2658 (2) (640x476)
ネジキ(捻木) 13ポイント 10人
そして 第三位に ザイフリボクIMG_2700 (640x427)
ザイフリボク(采振木) 6人から10日ポイント
昨年トップの彼女は 暖冬で自慢の「襟巻」が開いたのが影響したと思われます

四位以下は・・・
推薦の熱いひと言・感想など いっぱい書いてくれました
そのたくさんのメッセージ ただいま整理中!
ホームページ こちらで発表します

「相生山の四季を歩く会」 新たな展開を感じています
この間の名古屋市との意見交換会でも そうでした こちら
12/16説明会には 30人を超える仲間が参加しました
事務局IMG_2788 (2) (640x427)
案内・説明を聞く参加から 楽しみながら考え行動する個人の集まりに
ひとりひとりが 「相生山の四季を歩く会」をつくろうとしています
事務局も学びつづけなければ みんなに置いて行かれそう

    by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

アベマキの涙

日曜日の「相生山の四季を歩く会」のとき
このblog記事にもあった こちら 菅田口の上のアベマキ林に行きました
アベマキ林①IMG_2807 (640x427)
「森が泣いてるよう」
「最近、名古屋市はあっちこっちの公園で木伐ってるみたい」
「友だちが大高緑地や新海(にいのみ)池でも伐られてるって言ってたよ」
「公共事業として業者にお金を落とさんといかんのかしら」
「考えたくないけど、裏ではそんなことがあるのかもね・・・」
アベマキ林②IMG_2810 (640x427)
メールが届きました
・学生さんたちと陸貝調査したとき、なんで日当たりの良いところにアオキがあるの?どうしてここにマンリョウ?カクレミノの幼木が・・・?と思いました。木を伐って日当たりを良くしたのだ!これをやめて欲しいです。頭上に落ちてきそうな危険な木を伐って下さるのはありがたいと思いますが、森に日光を入れるための伐採はいかがなものかと思います。自然の植生を操ったり、乾燥を呼び込んで森を虐めたり。これってミニ道路工事?だと思うのです。「○○の園」や「××の園」を作りたい人たちに伐採を許可するのも、道路工事同然と、私は怒りを感じます。 (雲)
年輪IMG_2809 (640x427)
常連のミキちゃんに年輪数えてもらいました
「60だったよ」「60歳だったんだね」

・伐られた木の株、根から吸い上げた水が行き場所を無くし、切り口に涙のように溜まっていました。 (k.t)

今回のメインテーマは「冬芽」でしたが
相生山の木々を自在に伐っている 名古屋市政をとがめるのは
私たちの もっと大きなテーマであるのかもしれません

    by  R.63

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山の自然の中で

シンボルコナラ広場IMG_2789 (640x360)
相生山の四季を歩く会*2月の定例会 
冷たい風のなかに 梅の香がありました
テーマは ~森で見つけよう さきがけの春~ 
リョウブIMG_2776 (640x427)
陣笠みたいな芽鱗を脱ごうとしていた リョウブ(令法)
中日朝刊 内山節スキャン_20190210 (3) (461x800)
以下抜粋「伝統的な思想では、日本の人たちは、社会は自然と人間の力でつくられていると考えてきた。(中略)日本では自然もまた社会を創造したメンバーとしてとらえられてきた。だから日本では、自然はどのような社会を求めているのかという視点を、人間たちは持たなければいけなかったのである。」(中略)「・・・自然は何よりも無事を求めているという気がしてくる。これまでと同じように無事に春を迎え、春が過ぎれば無事な夏がやってくる。自然にとっては、それが何よりなのである。無事が維持されれば、森のなかでは、花が咲き、秋には実が落ちて、虫や鳥、動物たちが暮らす自然の世界が守られていくだろう。」(以下省略)
説明IMG_2782 (640x427)
この記事を紹介し
ことしの成長の始まりの冬芽を 乾燥から守る植物の戦略
相生山の自然を大事にすることは 森全体を乾燥させないこと
そんな話もしながら
冬芽や葉痕を40数種 訪ねて2時間余りを歩きました

   詳細はホームページ更新まで数日お待ちください
   by  Oak.

 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

赤いカナメモチ 緑のタカノツメ

立春 旧正月 春節
そんな季語にぴったりな ほんのり紅を見つけました
カナメモチ①IMG_2761 (640x426) カナメモチ②IMG_2762 (640x480)
カナメモチ(要黐)バラ科・常緑 ついこの間まで赤い果実の目立った子です

日曜日10日は 相生山の四季を歩く会
テーマは ~森で見つけよう さきがけの春~
この時期は 冬芽の観察がメインになります


冬芽と言えば がっちり芽鱗で冬の乾燥から身を守る
相生山の代表 コナラ(小楢) 同じくブナ科の アベマキ(棈)
コナラIMG_2610 (640x480) アベマキIMG_2772 (640x480)
バラ科の正統派はズミ(酢実)   個性派葉痕を持つセンダン(栴檀)
ズミIMG_2765 (640x480) センダンIMG_2725 (640x402) 
かわいい!不気味? アオギリ(青桐) クズ(葛) 
アオギリIMG_2731 (640x427) クズIMG_2778 (640x480)

春は青 落葉樹に復活を想わせる緑色
タカノツメ(鷹の爪) 名は体を表す・・・猛禽の爪のような逞しさ
タカノツメ①IMG_2751 (640x480) タカノツメ②IMG_2739 (640x480)
今年もやります「私の好きな冬芽」人気コンテスト
ワンツー予想は ザイフリボク(采振木) ウスノキ(臼の木)
ザイフリボクIMG_2757 (640x427) ウスノキIMG_2768 (640x480)
相生山緑地の冬芽たち 表情さまざまに待ってます 育ってます
ウルシ類は こちら 先月のようすは こちら

そして 生産緑地の梅畑
白梅IMG_2742 (640x480) 紅梅IMG_2781 (640x427)
寒気の中に 凛とした香りが流れます

相生山の四季を歩く会 詳細は こちら
できれば 小さくてもルーペ(虫めがね)と一緒にお越しください
春を探して歩きます

     by Oak.  

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

感想メールで紹介します

昨日の「相生山の四季を歩く会」
参加された方から 帰宅後メールをいただきました
観察会IMG_2468 (640x427)
今年初めての相生山観察会は、手作りの梅酒とお菓子で始まりました。
森の中でおめでたいものを探し、遠くにそびえる山々を眺め、
菅田神社では災害のない一年を願いました。
清々しく楽しい一日でした。
今年もよろしくお願いいたします。   kumiko

伊吹展望IMG_2496 (640x427) (2) 菅田神社IMG_2483 (640x427)
今日はありがとうございました。
モチノキとクロガネモチの違いがよく分かりました。
観察ノートに記録しておきます。    仁

クロガネモチ観察IMG_2488 (640x427)
鷹の飛翔は見られなかったものの
雲一つない青空のもと うららかな初歩きでした
みんなで選んだ2019年1月13日の「おめでたいもの」
近々のうちに「相生山の四季を歩く会」ホームページで紹介します

参加のみなさんから いろいろ教えていただきながら
課題多い相生山緑地を ことしも楽しく歩きたいと思います

     by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

寒中の歓

名古屋でも氷点下になった夜が明けました
上空はかなりの風なのでしょう 雲の流れが速い
寒空IMG_2439 (640x427)
冬は 遠くの雪山が大きく見える嬉しい日に恵まれます
今日も 北東に 御嶽・乗鞍   北西に伊吹
御嶽山IMG_2443 (2) (640x360) 伊吹P1113563 (3) (640x360)
いつもと違う道では クロガネモチ(黒鉄黐)の果実に出会えました
クロガネモチIMG_2457 (640x427)
ウスノキ(臼の木)の冬芽が こんなに赤い
ウスノキP1113565 (640x480)
碧く輝く ナガバジャノヒゲ(長葉蛇の髭)
ナガバジャノヒゲIMG_2464 (640x427)
寂しく思う冬の森でも いのちの証しが見つかります
蕾と花の ヒメカンアオイIMG_2452 (427x640)
ヒメカンアオイ(姫寒葵)は コナラ(小楢)の布団に包まれて

エナガ(柄長)やシジュウカラ(四十雀)の群れが移って行きました
交わるように メジロ(目白)が忙しく枝から枝へ 絶え間なくニギヤカ
マンリョウIMG_2436 (640x427) センリョウIMG_2466 (640x427)
モウソウ(孟宗竹)の林床にマンリョウ(万両) 離れてセンリョウ(千両)
ウメ(梅)はまだ蕾ですが 寒の空にアカマツ(赤松)の葉が光っていました
ウメ蕾P1113568 (640x480) 寒中P1113566 (640x480)
明日13日は 今年初めの「相生山の四季を歩く会」 こちら
お正月なので お目出度いものを みんなで森に探します


     by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line