不心得な侵入者

休日の午後 稲田口に近い散策路
竹藪伐採地を通りかかったら  
進入路IMG_9668 (640x427)
向こうの人工林内に バキバキ踏みしだく音と人声
ヒメボタル撮影の事前準備か 時期逃したタケノコ泥棒か 年配の男が3人
迷ったけど 勇気出して叫びました
「そこで何されてるんですか~?」
・・・無視 返事ナシ
「そのあたりは蛍なんかもいる所なので散策路以外へは入らないでくださ~い」
侵入者①IMG_9669 (640x427)
なかなか出て来ないので ずっと監視して ついでに証拠写真パチリ
やっと伐採地の溝越えて来て 一番たちの悪そうな爺さんが近づいてきて

「何の権限で言っとるんや 蛍を愛する会の者か?」
(「蛍を愛する会」って知りませんが・・・)「ただの名古屋市民ですけど」
「蛍のことばっかり言っとらんと 世の中のもっと大事なこと考えろ」
「大事なことって何ですか?」
「蛍なんかどうでもええ ここはサッサと道つくったらええんや」
 時代遅れのこと言うとったらあかんぞ 今はクルマの時代や」
侵入者②IMG_9670 (640x427)
「時代遅れはそっちやないですか
 蛍たちのような生きもののいのち大事にしないから
 人殺しやなんかがしょっちゅう起きる世の中になっちゃった
 ちいさないのちも大事にすることこそが時代の流れ」

・・・数分間の押し問答(相手悪かったね 口論するにつれ冷静になれるの私)
ついに 「蛍愛して滅んでしまえ たわけ」 って捨て台詞
(「クソジジイ テマエガ滅ビロ」とは申しませんでしたよ 上品なワタクシ)

居直って悪いことしないか 他の散策者のいる区域まで
数メートル後から お見送りさせて頂きました
何しに来たんだろ 「道に迷った」って言い訳してたけど
ザックにスニーカー 山野草盗掘目当てかな?
この地域の人でないのは確か 地元の人はみんな心根優しいから

 連日 相生山緑地にヒメボタル見物・撮影に来る人びと
 中には傍若無人なのもいるけど たいていは年配者
 特に若い人たちは すなおで自然にたいしても謙虚です
 中高年に対する教育 見直さなくっちゃね


   by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

月曜日の竹林に

週明けの相生山緑地
散策園路の柵の一部が取り払われ 侵入跡が中へ
破壊⑤IMG_9317 (640x427)
理由はタケノコ盗り あちこち壊されてます
破壊③IMG_9315 (640x427) 破壊②IMG_9314 (640x427)
特に捜すことなく いつもの道を歩いていても
筍①IMG_9319 (640x427) 筍②IMG_9353 (640x427) 筍③IMG_9354 (640x427)
次々現れる窃盗現場 剥いて捨てた皮 道具で掘った穴
筍⑤IMG_9338 (640x427) 筍④IMG_9355 (640x427) 筍⑥IMG_9339 (640x427)
まだ新しいタケノコの皮と掘り跡の向こうに
泥棒①IMG_9321 (640x427) 泥棒②IMG_9322 (640x427)
現行犯を見つけました 3人と1人「踏み込み禁止」表示も欲の前には関係なし

破壊①IMG_9313 (640x427) 破壊④IMG_9356 (640x427)
「立ち入り禁止」看板横の柵を 人目のある場所もかまわず壊してしまう悪どさ

名古屋市の担当者と話したとき 「規制対策の法的根拠がないんですよね」
でも みんなの税金で設けた柵を壊したり 公共の場にゴミする行為は?
オアシスの森 オアシスの森IMG_9309 (427x640)
名前が泣きます
人の浅ましさが露呈され 後味の悪い休み明け

    by  Oak.

 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

筍盗人

今年もタケノコの時節になりました
そして相生山名物「タケノコ泥棒」の出番です
タケノコ①IMG_9099 (640x480)
こんなに立派に育つ前に 竹藪のあっちこっちが荒らされます
散策路に近い辺りはもちろん 奥はもっと大胆に
タケノコ泥棒②IMG_9087 (640x427) タケノコ泥棒①IMG_9085 (640x427)
セミプロまがいの連中が出没します こちら
盗人たちは 居直ります
「放置されてる筍はもったいない」
「名古屋市民が名古屋市の竹藪の筍採ってはイカンの?」
タケノコ②IMG_9102 (640x427)
竹の侵入・拡大は 雑木林の生態系にとってはマイナス要因もあるらしいので
タケノコ採りは 悪いことではないのかもしれません

けれど 自分の欲で行動する彼らは マナーも節度も関係なし
希少種も含め 林床を根こそぎ荒らしてしまうのです
筍泥棒皮IMG_9100 (640x427)
管理者の名古屋市が 相生山の生態系を維持する立場で
積極的に「タケノコ除去への協力要請」を打ち出したらどうでしょう
でないならば 「見張りと啓蒙のため」人を配置出来ませんか
筍泥棒根IMG_9101 (640x394) 
散策かねて森をパトロールしている友人から 今日も連絡が入りました
「あそこの○○○さあ どんどん減ってる感じがするんだけど」

森林の中では自然の遷移があります 長期の目が必要でしょうが
人が見境なく壊してしまえば 取り返しがつかなくなる恐れもあります
「自然を大事にするためのシステムづくり」こちら 急いで欲しいと願います

    by Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

サイテー!の行為

緑地散策園路沿いで
とんでもないものを見つけました
ウッドデッキの横に「羽毛?」 野鳥が襲われたのかと思いましたが
ウッドデッキIMG_9086 (640x427)
近づいたら 獣の毛
犬の毛①IMG_9082 (640x416)
飼い犬を「散歩」に連れてきて ここでブラッシングしたに違いありません
犬の毛②IMG_9084 (640x427)
子どもたちと摘んだナワシロイチゴ(苗代苺)の広がっていた場所でも
犬の毛が散乱するようになって それ以来楽しめなくなっています

緑地のあちこちに立っている看板には
森のおきてIMG_9105 (640x427)
「ペットは森に入れません」となっています
ところが いつしか こんな看板が並ぶようになって
マナ掲示②IMG_9127 (640x427) マナ掲示①IMG_9126 (640x427)
いつからか「森のおきて」も「書き換え」られたようです
変更後IMG_9128 (426x640)
でも 冒頭のような身勝手を平気で行う人がいるなら ついに自然は壊され 
自然に親しみたいと思う人びとは 相生山に来れなくなってしまいます

世界の「AIOIYAMA」プロジェクト検討会議では
「自然を大事にする」市民の緑地公園をつくるとしていますが
市民と行政が じっくり話し合って決めていく諸課題はさておき
「大事にしたい自然」を汚してしまう行為を 封じ込めるための施策を
急いで実行する必要が求められていると 痛感する出来事です

名古屋市長あてに 「生態系維持のためのシステムづくり」 こちら 
提案してきましたが 今のところ積極的な対応は始まってはいません
美しい森IMG_9103 (640x427)
こんなにも美しい 相生山の森
私たちの時代で 壊してしまいたくありません

    by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

たいへんなことが起きている?!

相生山緑地の北部 「オアシスの森」と呼ばれる区域 
その西端「周回道路」周辺で起きている事態です
時系列に沿って 画像と記事を紹介します

名古屋市街が展望でき ハギなどの植生が生育する場所が
何者かによって 大々的に伐採されました  6月2日
展望地伐採IMG_5664 (640x427)
見つけたのは「相生山の四季を歩く会*6月」の下見時  
その記事は こちら

すぐに 管理者の天白土木事務所に連絡して
1週間もたたないうちに 表示が設置されました
新しい表示IMG_5725 (640x427)
6月9日の画像です 下は看板部拡大
表示拡大IMG_5725 (2)
この頃の記事は こちら

ところが この周辺では それでも更に 伐採が続いていたのです
伐採記録IMG_5770 (640x427)
6月11日 私たちの定例会直前に伐られたと思われる 散策路委横の現場
記事は こちら

そして 最初から ちょうど1ヵ月後 7月2日発見
散策路看板撤去IMG_5862 (640x427)
なんと 名古屋市によって設置された表示が 無くなってる!!
「暫定的に設置しました」と聞いていたので 改装中かと問い合わせたところ 
「エッ!初耳です。ハイ、私たちじゃないです」

すぐ近くには この表示板 ずっと前から立っています
注意看板P6273182 (640x480)
最近 新しい掲示で 呼びかけられてもいます
表示拡大IMG_5738 (2) (640x480)
にもかかわらず 不法行為を咎める表示まで撤去してしまう「確信犯」
相生口ちかくでも 北尾根散策路でも 同一人かどうか不明ですが
植物虐め=樹木の伐採は 続いています

愛知県下あちこちで 猫への虐待・殺害事件の報道が増えています
それと同様な 異常な心理が漂っているのを感じます

市の担当部署では 改めて対策をすすめるとのことでした
私たちは 「聞き込み」を強めながら 「早朝張り込み」も考えています

相生山緑地を訪れる方に 情報提供をお願いします
ただし 警察からも言われたことですが
「相手が刃物を持っている可能性あります。決して単独で抗議などしないで」
四季7_9 (640x427)
私たちの森を 
森のいのちを守りましょう

   by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

驚き・呆れ・憤り・不快・悲しい

今日の「相生山の四季を歩く会」
楽しかった報告をしたいのですが
IMG_5770 (640x427)
コース後半の「周回道路」入口
バッサリ伐られた ネジキとヒサカキ
「何で?」「ひどい!」
IMG_5773 (640x427)
「すごくよく切れる刃物使ってるね」
切り口や落とされた枝葉のようすから
今朝 散策の人が森に入る前に 『犯行』は実行されたようです
「歩いてきた時 これ切った人と出会ってるのかしら?」
IMG_5774 (640x427)
アカマツ コナラ タカノツメ カクレミノ ネズ イヌツゲ ・・・ 
「通り道にジャマになってないし」
「本人はイイ事しとるつもりやないかな」
「ストレス解消しとるんやろ」
IMG_5775 (640x427)
帰りに詰め所に寄って パトロール係員に連絡しました
気づいてなかったようです
「現地見てきて 天白土木に伝えます」

やった人の意図がなんであれ 
公園の樹木を勝手に伐ることは 『犯罪』です
とっても残念なことですが 「取り締まり」強化しかないのでしょうか
善意の包囲網が 出来ていけばいいですが・・・


   by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山の昨今

2月 きさらぎ 春
明日は節分 今日は古の「大晦日」
相生山緑地 たった今現在の課題をお知らせします

またまた 盗掘? 稲田口近くの散策路沿い 
盗掘IMG_4243 (640x427)
2か所に こんな穴が残っていました
この辺りだと マンリョウ(万両)かカクレミノ(隠れ蓑)狙いか

拡大する 常緑低木の伐採
伐採IMG_4267 (640x427)
生物多様性のため とか 花咲く景観の復活のため とか

道路工事が中止になって そのまま鎮まる橋台
橋台IMG_4242 (640x427)
廃止宣言から2年 世界のAIOIYAMAプロジェクト検討は始まったけれど
相生山の課題は 引き続き残されています

「少しくらい」「私くらい」「ほんの狭い範囲」
「この程度のことなら・・・」「環境に配慮して」
言い訳はいろいろ聞きますが どれも人の側からの身勝手な言い分
森のいのちに その未来に 謙虚に耳目を傾けたとは思えません

根が伸び 芽が張る 春を迎えます
「これからは自然を大事にしようという精神でいこうと」 
(2014.12.26市長記者会見)
相生山緑地に 名古屋市政の 春の風を
吹かせるのは 私たち名古屋市民と 幅広い相生山の友人たち

     by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

こころ貧しい年の瀬

年末の森で 見つけてしまった
頂芽と枝を切られた 松の幼木
マツPC302774 (2) (640x480)

思わず駈け寄ったら 伐られ松PC302774 (3) (619x463)
涙のように 樹脂が盛り上がってました

お正月飾りのために 切って持ち帰ったに違いありません
昨年末 この辺りでハサミと袋持って物色中の 中高年男女二人連れを
咎めたら 居直って「私らはここでは何やってもエエの!」 
同じようなセリフ あとにも聞いた こちら 同じ人たちだろうか?
ウラジロPC302804 (640x480)
別の場所では ウラジロ 切られて散らかった跡 

森から 身勝手にドロボーして 飾りたてても
そんな処には お正月様も 幸せの神さまも やって来ないでしょうに
世の東西を問わず 神(GOD)は自然のなかから 人々が見出したもの
自然から奪う者は 心貧しき者 こころ恥ずべき者 滅びに至る者

先日の「相生山の四季を歩く会」のとき 常連のHさんが
「マンリョウ 最近減ってないか? 前はあんなに見たのに」
よく通る散策路脇からは姿消えて 奥まった所でヒッソリ・・・ 
マンリョウPC302788 (640x480)
昨年末に紹介した こちらのマンリョウも ほどなく無くなってしまった
名古屋市の緑政土木局の資料では 「注目種」として記録されている種
誰かが盗っていったのか 見境ない常緑低木伐採で生育適地が失われたのか
いずれにせよ 人間のせいだと思われます

悲しくて 口惜しい 相生山緑地の年の暮れ

    by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line