展望確保の為に伐ったのですか?

相生山緑地「周回道路」西端
何か違う?感じがして・・・  
周回道路西端IMG_5665 (640x427)
あらっ!伐られてる!!
散策路横の低木たち一網打尽
伐った枝はすぐ横に積み重ね
「伐りましたよ 何か不都合でも」と主張する如く

もうスグ咲く 萩の花が楽しみでした
この辺りでもヒメボタルが舞うと聞いたことがあります
ならば この林床に産卵されていたかもしれない
ハギ伐採IMG_5663 (640x427)
ここからは名古屋の都心 名古屋駅方向が見渡せます
展望確保のため これから伸びる樹高を抑えようとしたのでしょうか
展望地IMG_5664 (640x427) (2)
上↑ 伐られた後    下↓ 同じ場所 昨年7月1日の画像
2016_7_IMG_2563 (640x427) (2)
人は自分の考えこそが正当と思いがち
けれど 同じ場所で展望を楽しむ人も
花を楽しむ人も 空に鷹を探す人も いろいろのハズ

相生山と聞いて 
 ヒメボタル
 長期未整備緑地「オアシスの森」活動
 自然観察にいいコナラ・アベマキ・ヤマザクラ林
 散歩コース  健康ウォーキング 撮影場所
 建設中止になった道路 などなどの
ひとつの面しか見なかったら 
固定した見方しかしなかったら
とんでもない間違い してしまわないだろうか

相生山にかかわる人に お願いです
どうか 自分に見えているものだけでなく
森のすべてのいのちや 他のひとの願いや 歴史や未来にまで
想像の翼を広げてみてくださいませんか
けっして 自分(たち)だけの考えで「良し」としないでくださいな

    by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

事実から出発しよう

先日の「相生山の四季を歩く会」 
シンボルコナラ北の道を抜けました
柴刈り跡IMG_3929 (2) (640x480) 伐採3IMG_3515 (640x480)
ここは10月末に 常緑低木が伐られたところ
「暗い森は生物多様性が損なわれる」「木が茂ると散策路が狭くなる」
これまで 関係者から聞いた理由です
このブログでは その問題点と批判を 再三 記事にしてきました
最近のまとめ記述は こちら

草本やハギやヒサカキが伐られて 明るいコナラの森
きれいな森?IMG_3802 (640x480) 暗い森?IMG_3494 (640x480)
「手入れ」されぬまま 枯損木となったアカマツを囲む ヒサカキ・アラカシ
どちらの森が 好みですか? どちらの森が自然ですか?

名城大生物環境科学科の相生山実習 今年は 別グループと連動して
人の手が入った場所と そうでない場所 比較するデータを集めたそうです 
そして 調査IMG_3714 (640x480)
「生物がすみにくくなる暗い森」 と言われている場所からも
ヒメボタルの幼虫が たくさん見つかったり
「明るい森」より 多くの陸貝がいた地点もあるそうです
これは まぎれもない 相生山の森の実際

一見 人にとって歩きにくそうな道でも 森の生き物たちにとっては
風が入らず 湿度が保たれ 土が肥沃で微生物も多い
住みやすい場所なのかもしれません
歩きにくい道?IMG_3468 (640x480) 明るい森IMG_3796 (640x480)
自然は 千差万別 多種多様
人間の思い通りではありません
人間の思い通りにいかないから 自然です
 
事実から出発して 何をすればいいのか
もしかしたら 何もしないことがいいのかもしれないと
「思い込み」思考や 施策・活動を ふり返っていただけないものでしょうか

    by   Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

その目的は?


先月末 またまた ものの見事に伐られました
伐採2IMG_3514 (640x480)
今度は シンボルコナラの裏から中央尾根の広場までの径沿い
伐採1IMG_3513 (640x480)
5m以上の木は残して ヒサカキなどの常緑低木を一網打尽
いつものやり方ですね・・・ 過去記事こちら や こちら
並木の下IMG_3483 (640x480)
桜並木の下で 人の背丈くらいになって 
次の森の構成員になりかけていた
アベマキ(棈)やエノキ(榎)の若木も消えました
アベマキ伐採IMG_3484 (640x480)
「現場には出くわしていないけど 管理者の名古屋市と無関係で
これだけのことが続けてできるわけがない 組織的なやり方だよ」

散歩仲間のHさんとOさんもCさんも 口々に眉根を寄せて

伐る理由は なぜ
①周回道路内側の「赤松林再生プロジェクト」の欺瞞
・・・歴史的事実と異なった動機づけ 問題提起は こちら
②ツツジの花園の実現性・持続性への疑問
・・・相生山で長年畑作やってきた 昔をよく知る方の批判は こちら

③生物多様性 「暗い森には生き物が少なくなる」
・・・「暗い森」でこそ生きられる種だっているはずです
 目につかない 菌類などの分解者
 なじみの薄い いきものたちへの配慮は? 想像力は?
・・・生物多様性は環境の多様性 一律に「手入れ」すれば 種の均一化
極相IMG_3495 (640x480)
④散策路が狭くなって 歩きにくいだろうから整備
・・・シダや草が生い茂ったり 蚊が多かったり それでも
散策者は そんなに過保護を求める人ばかりではありません
昆虫に出会ったり 野鳥の気配を感じたり
・・・変幻自在 ハプニングがあるからこそ 森歩きは楽しい
 
⑤推測すれば 残る理由は 伐る人の好み?! 
「こんなふうにスッキリさせたら 気持ちいいから」
それでは 別の好みが人が 違うようにやってもいいのかしら?
好きな森2IMG_3486 (640x480)
そして そして よくよく考えて行動していただかないと 
長期にわたって育まれた 森の自然を あなたたちが
壊すことにもなりかねないと 不安で仕方ありません
シンモルコナラ16_11_01 IMG_3509 (640x480)
市長が「自然を大切にしたい」と
せっかく 道路建設中止を決めたというのに
行政の一部で 逆のことをしてしまっていませんか

    by   Oak.

   

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「自然が好き」と言うけれど・・・


ほとんどヒサカキの低木 林床は暗く 少ない植生
暗い樹林9282712 (3) (640x480)
明るい コナラの「雑木林」 春や秋の変化も楽しみ
雑木林15_11IMG_9953 (640x480)
どちらも 相生山緑地の森です
「自然が好き」というならば どちらも受け入れなければなりません

自然が好き≠私の好きな自然
「私の好きな自然」は 部分的であったり 一時的であったり
自然の長い年月に比べ 私たちが出会えるのはほんの一瞬

あらゆる事物は ゆっくりと あるいは激しく変化しているので
好みの状態を維持させたいとするのは 『不自然』そのもの

私たちに出来ることは 
人間の経済活動によって 自然が破壊されてしまわないよう 
お金儲けのための「開発」が ヒト以外のいきもののいのちを粗末にしてないか
「自然観察」と「人間監視」を 粘り強く継続すること
ときに提唱や さらには闘うことも 覚悟して

「自然が好き」とは 人間社会のわずらわしさから逃げることではなく
人が大好きだから 人を生み出した自然を 
ありのままで愛し続けることだ とも思うのです

    by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

続・・人in相生山緑地

(昨日の最後の画像に続いて)

下山畑交差点から 東方向を望む
シェルター望むIMG_3207 (640x445)
道路用地 奥は「環境にやさしい道路にするための」シェルター
相生山緑地の中心は 右45°方向

東へ向かい 稲田口から相生口方面へ
第2橋台近くIMG_3202 (2) (640x528)
相生山の森に 人が加えた最大の打撃になりかねなかった 
都市計画道路「弥富相生山線」 
道路から公園への方向転換が進んでいます
ここを何万もの車が走るようになっていたら どれ程「配慮されて」あっても
膨大ないきもののいのちを更に奪う とてつもない環境破壊が進み  
わたしたちは 未来の市民に対して 責任の取りようがなくなったことでしょう
相生口近く道路IMG_3203 (2) (640x386)
土地買収や測量を含め 80%の予算執行されていたとのことですが
着工した大部分が コンクリートやアスファルト舗装工事の手前で止まり
森の中心に近い区域は 未着工で終わったことで
森の復元は より易くなると思われます

ぐるり回って 相生口から下山畑方面を望む
相生口IMG_3139 (640x480)
「道路用地」跡を どう活用するか 
名古屋市長の提案も含め いろいろな声がありますが 
自然から 奪い続けてきた人間が 
立ち返って 自然に お返しする 
その《実施記念現場》とするのが一番 と思っています

自然から頂いて 人は生活を営んできましたが
畑や小さな住居はともかく 道理を外れた過ぎたるものは
やっぱり返すことで これからも自然の恩恵の中で生きていけると思います

相生口の散策路入口 ヌルデが色づいていました
相生口入口IMG_3150 (2) (640x480)
次は 森の中から お伝えします

     by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
リンク
line
月別アーカイブ
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line