在りのままと人為について 相生山を考える

「山の日」に相生山について まとめてみました
先日の 勝手な「森づくり」「森の手入れ」記事と寄せられたコメント こちら
併せて もう一度 お読みいただけると幸いです


相生山緑地の未来像について、市民の意見は多種多様で「落しどころ」を定めるには困難がともなう、と言われています。しかし、相生山の道路計画廃止を決めた河村市長の「自然を大事にという精神で」の根本に沿えば、意外に簡単なのではないかと思っています。

自然とは、自(みずか)らの本性に従って「自(おの)ずから然(しか)るべく」あるもの。人為に依ったものではなく、おのずから存在しているもの。

実は、人が為したいことの違いが、意見の違いとして現れてくるだけではないでしょうか。たとえば、相生山にどういう施設をつくればいいか、駐車場は、キャンプ場は、園路は、道路跡地利用は、植生管理は・・・・、といった具合です。

人為をできるだけ廃して、相生山のありのままを後世に残していく工夫を検討するならば、大多数の合意形成は困難ではありません。森のありのままの移り変わり、四季の変化や人の一生をはるかに超える自然の遷移を観たり、学んだり、楽しんだり・・・。そのための「散策路」や「休憩ベンチ」を必要最低限に設置するといったことでいいのですから。予算も少なく済むのですから。

自然林と人工林IMG_6084 (640x427) 自然林と人工林の隣接する区域

このブログでもしばしば書いてきたように、相生山は太古の昔からの手つかずの森がそのまま残っているわけではありません。それぞれの時代に生きた人びとによって、耕作地として、燃料確保の地として、あるいは住宅地として、利用されたり「開発」されたりしてきました。
相生山の中核部分は、自然と過去の人為がつくりだした「二次林」が占めています。

現在、相生山緑地に生育している植生にしても、人が収入を得るために植えた竹や、景観のために植えた桜や楓、菅田地区住民の所有する山林のアベマキやオオシマザクラも、もともとは燃料やキノコ生産のために植えられたものかもしれません。こうした植生の区域は、よく研究すれば、竹藪の除伐のような対策が必要なのかもしれません。

竹侵入IMG_6086 (640x427) 竹の侵入で貧弱な植生の区域

名古屋市とその近隣地域では、相生山のような樹林地に対し「森づくり」「森の手入れ」を行うことによって、「武蔵野の原風景」的『里山』を維持管理することの必要性が一部識者によって説かれ、行政によって推進されてきた経緯があるようです。これは全国的には稀なケースだったそうですが、「COP10」「生物多様性」「里山イニシアティブ」「ESD」といった流れとともに、現在は主流になっているかに見えます。

名古屋市では市の長期未整備緑地の対策として、「オアシスの森」方式による借地⇔「森づくり」を進める市民活動普及が実施されてきました。
しかし、「自然を大事にという精神で」相生山を残そうとした時点で、新たな局面に入ったことをはっきり認識すべきだと思います。

以上を前提とし、頂いたコメントとともに考えます。

 一向に改善されない森を守る姿勢、どうするのが良いのか?
 名古屋市の関係部署の方々は、実際に森や樹木の知識を持つ担当者なのでしょうか、それとも公務員の常で2−3年ごとに部署替えになる人々?
 もしそうであるとするならば、担当者教育からし直さないといけないということになります?        yoko blueplanetさん
                       

名古屋市の職員や専門的アドバイザーのなかには、公園管理や造園や景観考案といった分野に比べて、生態系や環境倫理などの分野からの提案が少ないのではないかと推察しています。旧態依然としたヒト優先思考にとどまらず、いきもののいのちと地球(人類含む)の未来を結びつけて、行政施策に生かす工夫が求められているように感じています。

スキャン_20170808 (4) (800x746)

「森をつくる」というのは、人工林を人が管理すること。 相生山は人工林ではないですよね。         アサちゃんさん

8月11日は「山の日」ということでした。テレビなどが取り上げた百名山やアルプスだけでなく、身近な山林について「山の手入れ」に真剣になって取り組むことは国政の急務だと思います。 紹介いただいた新聞記事貼り付けました。
人工林の管理は人の責任において不可避な課題ですが、そうでない区域にむやみやたらと人が手を出すのは「要らぬお節介迷惑千万!」と自然から叱られてしまいそうに思います。

自然林と人工林については、豊田市森林課の北岡さんの分かりやすいエッセイ連載中です。こちら 参照ください。

人工林IMG_6083 (640x427) 画像は相生山の人工林。道路用地ということもあり、買収後放置されてきました。もとは農地で平坦な土地ですから、そう急ぐ必要は無いと思います。ヒメボタルの発生する区域です。その方面からの考察もしながら自然林に戻していければ、どんな森になっていくのか楽しみでもあります。 

余談ですが、インターネットのウェキペディアで「相生山」検索すると「相生山の雑木林」として、このヒノキ人工林の画像が出てきます。こうした誤りが普及されていることが、残念ながら現実なのですね。

 尾根の看板 伐採看板IMG_6055 (640x427)

 尾根の景観が自然に作られるものならば、尾根ならほっておけばそうなるはずで、人為的にする必要があるとは思えません。
 尾根の景観にならないということは、外見的尾根であっても、環境的尾根ではないのだと思います。
 書かれていることが理由ではなく、なにか切りたい事情があり、そのこじつけのように感じます。
 相生山のようなところは周囲から孤立しているので、一度失った生き物たちは、環境が元に戻っても二度と戻っては来ないでしょう。 いい加減な知識や思いつきの伐採は、いずれ取り返しの付かないことにならないか心配です。    
                             ノートさん


「なにか切りたい事情があり、そのこじつけ」のご指摘に気づかされました。
実際の尾根に今生育している植生が現実です。「こういうものがあるはず」「ああいったものがあって欲しい」は人のエゴ。その考え方と行動が、世の中をゆがめ、病ませていると思います。
自然を、あるがまま大事にしようとする心を人が失っていく社会は、人が人として生きていけない社会である不安にかられます。


力不足で なかなか思うところが表現しきれない もどかしさを感じます
さまざまなご指摘をいただいて いっそう考えを深め
名古屋市に提案していければ と考えているところです
これからも よろしくお願いいたします

     by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

勝手な「森づくり」「森の手入れ」

相生山緑地の中央尾根で
最近また 樹木伐採が進んでいます
散策路の両脇 常緑低木など伐られて 林床がスカスカ
伐採①IMG_6051 (640x427) 伐採③IMG_6053 (640x427) 
この区域の掲示板 ご覧ください
伐採看板IMG_6055 (640x427)
すごい矛盾 お気づきになるでしょう

「尾根独特の樹高の低い植生景観」を「維持・保全する」ため
「定期的に除伐」しているそうです

定期的に除伐しなければ維持できない なら 
もはや 尾根特有の景観とは言えないのではないかしら

だって 人がつくり出してるんだから・・・・
自然の遷移を認めずに 尾根の景観に似せて・・・!

人が手を加えたものは『自然』とは呼びません 
ここで行われていることは 庭造り=「造園」仕事
伐採②IMG_6052 (640x427) 伐採④IMG_6056 (640x427)
「森づくり」の欺瞞については このブログで書いてきました 
全9回連載 こちら から こちら 
ホームページ寄稿論文では こちら

生態系や 自然な森林の構造も 考慮しない「見た目だけ」伐採(?)は
名古屋市への提案書 こちら の表現を借りるならば
「樹種も分からぬままに木を伐り続けている」 と思えてしまいます
伐採⑤IMG_6057 (640x427) 伐採⑥IMG_6058 (640x427)
こうした「活動」が 別の不法な伐採 こちらを 
呼び起こしているのでは? という声もあります こちら

名古屋市は「自然を大事に」と 相生山の道路廃止に舵を切りました こちら
「世界の『AIOIYAMA』プロジェクト検討委員会」による 
相生山緑地についての 市民の意見を聴く機会も 未だ実施されていないのに 
その一方で 自然に手を加えて 人工の森づくり=造園活動が進んでいます

相生山緑地をどんなものとして残していこうか という前提も決まらぬままに 
勝手な「森づくり」「森の手入れ」だけが まかり通って進んでいます

   by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

菅田西口の竹やぶ

相生山緑地 
菅田(すげた)西口まで行ってみました
菅田西口① IMG_4710 (640x427)
「竹林の小径」と名づけられていますが
放置された竹藪の奥は 日照さえぎられ
林床の植生も少なく いのち乏しい感じ
菅田西口② IMG_4711 (640x427)
モウソウチク(孟宗竹) 
タケノコ収益見込んで 京都から移植されたと聞きました
採算取れなくて 手入れ(=除伐)されなくなって 繫茂し放題
菅田西口③IMG_4712 (640x427)
アベマキ(棈)の高木が 数本
竹と競って ひょろひょろ伸びて なんとか生き残っています
菅田西口④IMG_4713 (640x427)
人が人の都合で 自然を利用しようとし 自然を変えました
もう要らないと 事情が変わったのなら
人は人の責任で 自然に還すのがスジだと思います

自然が好き 自然を守りたい 昔に戻したいと願うなら
長期未整備緑地の借地契約している 所有者の方の理解を得て
ここでこそ「森の手入れ」を 実施する場と思うのですが

     by  Oak.

   

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

タケノコ一個でも罰金なのに。


ずいぶんお久しぶりのジンジャーです。
aiさんの記事とみなさんからのコメントに、私も意見を書きます。
山根口看板IMG_4726 (640x427)
 筍一個採っても罰金なのに、
 なんであんなに伐っても何も言われない?

 市が管理している場所を、
 一団体の好みで「手入れする」ことに問題があるって話ですよね。
伐採地IMG_4701 (640x427)
 管轄部署に話を通して、書面でやり取りしないと
 事態は変わらないと思えます。

 彼らが刈ってる根拠の、
 学術的見解の正確さの検証を公の場所でやる。

 「好みでやるのは自分ちの庭でなら大丈夫だ」と
 はっきり言わないと、つついてもつついても
 いろんな場所で刈ると思います。
伐採後始末IMG_4703 (640x427)
 だって個人の好みでやってるみたいだから。

 特権もってる一団体があること自体が、おかしいです。

 話し合いの機会や納得できる回答を求める、皆さんの意見に賛成です。


     by  ジンジャー


theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「森の手入れ」を考える(9)

 これまで「森の手入れが必要」という主張の背景やさまざまな問題点を、8回にわたって述べてきました。
 読者のみなさんには「森の手入れ」が不必要で、かえって誤った結果を生んでいることをご理解いただけたかと思います。
      葉書塔付近
 それでは最後に、私たちが今やるべきことは何なのか、私なりにまとめてみたいと思います。

 
  提案 本当に必要なこと

 絶滅危惧種を守るためには、「里山モデル林」を維持する、理にかなった方法を考えなくてはいけません。

 「かく乱依存種を守る、氷河期の遺存種を守る、生物の多様性を守る方法」として、今考えられることは
 第1は、
  里山イニシアティブの精神を重んじ、里山の開発を抑える
 第2は、
  長期的計画としては、市街地と化した氾濫原から一部分人が撤退する
  それを自然に戻し、生育・生息地を拡大する。 《氾濫原の再生・確保》 
 第3は、  
  上記2項を推進するための法律の制定。
 などです。

 第2は、主に河川環境地域を拡大することを意味します。
 例えば、遊水池として利用されていた場所が住宅地になってしまっています。それを再度遊水池として使う。また河川幅を広げる、特に天井川になっている部分は優先的に実施してゆく。また、河口に近い0メートル地帯はなるべく自然公園のような利用をするなどです。
 そうすれば、自然再生区域として利活用することも考えられます。地震による津波や、気候変動や異常気象による、洪水、海面の上昇への対策にもなると思います。
天白川~野並 1964
                天白川~野並水田風景1964年  

 「人が撤退する部分を設け、そこを本来の氾濫原とする」方針を組み入れたコンパクトシティを視野に入れたマスタープランを作成し、遂行できる条例の制定と都市計画の決定を20-50年のタイムスケールで計画することによって初めて、生物の多様性を復元することができます。

 しかも、それにとどまりません。急激な人口減少が見込まれる中、公共投資も減少せざるを得なくなります。ですから、これからは効率の良いコンパクトシティを目指さざるを得ません。

 「人が撤退する部分を設け、そこを本来の氾濫原とする」ことは、防災、地域コミュニティを支えるインフラ基盤の維持、無駄の少ない経済活動等など、より機能的な未来都市のため、現実的で実行可能な政策として期待することが出来ると思うのです。

  朝の街IMG_8770 (640x480) (3) 相生山から名古屋市街地を望む 

  長い連載をお読みいただき、ありがとうございました。
  忌憚のないご意見ご感想をお寄せいただきますよう、お願いいたします。

          by  てんてこマイマイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line