相生山緑地 post ヒメボタル


夕べ歩いた森の散策路
みなさんから届いたメールの一部
ギャップIMG_2033 (640x480)
・お誘いした方も、夜の森の出会いに満面の笑顔!
・初の蛍に一同感動していました。5~6匹と思っていたので驚きました。
・色々勉強になる話を聞かせていただきまして、ありがとうございました。
あれからもう一度戻り、写真を撮って帰りました。また出かけます。

・夜の森を散策(?)探検(?)出来て、沢山のホタルに迄出会えて、
とても幸せな時間でした。お話の「ホタルの幼虫がエサを食べる現場」に
立ち会いたいなという思いに突き動かれました。

・Mです。お世話になりました。
ヒメボタルは初めて見たので娘共々とても感動しました。
名古屋市内でこんな素敵な場所、大切にしたいですね。 

稲田口IMG_2035 (640x480)
ここは稲田口付近 地元に古くから住んでみえる方々
「50年くらい前は、この道一面が光ってたさ。蛍のジュウタンみたいにな」
「今はドッと減ってしもうた。なんでかは分からん」

この辺りは 道路工事が始まる前『ホタルのステージ』と呼ばれていました
森が切り開かれ 工事中止になり 植生は回復してきています
それでも 以前のようには ホタルは飛びません

他の要因もあるのでしょうが 人の圧力は大きいと推察します
余りにも大勢のカメラマン おそらく相生山の森全体のことには疎い 
無邪気なファミリー 蛍にライトを向けたり 茂みを照らしたり 追いかけたり
シャシャンボ道②IMG_5658 (640x480)
「ヒメボタル成虫の発生は、年によって増減を繰り返していますが
 長期で見れば確実に減ってきています。
 科学的な調査と見物人(撮影者含む)への啓蒙・マナー周知など、
 相生山で活動してきた市民と行政とが、対応を急がないと
 取り返しのつかなくなる状況が、近づいている気がしています」


緑地内に住む環境カウンセラーの高岡さんの意見ですが
私たちも 同じ思いを強くしています
市民ボランティアの知恵や力には限界があります
未来につなぐために ここでも『協働』が求められていると思います

    by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

月の光とヒメボタル

DSC02006 for furukawa
 青葉の枝越し 森の中まで届く お月さまの光
 ヒメボタルの点滅が 私たちを いざなうかのよう

   minorさんから さっき届いた昨夜の画像です

   by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山のヒメボタル 早いピーク?

ネジキIMG_2042 (2) (640x480)
ネジキ(捻木)の花が咲きこぼれ
テイカカズラ(定家蔓)も テイカカズラIMG_2037 (480x640)
この花たちの甘い匂い 夜になると まつわるよう
花暦 ヒメボタルの飛翔 高潮の指標

雨上がり 限りなく無風 気温上昇 晴天
相生山緑地北部 オアシスの森と呼ばれている区域では
どうやら この数日がピークの様相
週末 各グループの「観察会」も企画されているようです

昨17日夜から夜半にかけて
先週末の倍以上の ヒメボタルが舞っていたとの情報

ところで 昨夜見かけたカメラマンは 60人以上を数えたそうです
近所の方から提供の画像
バイクIMG_2052 (640x480) シンボルコナラまで乗りつけられたバイク
森の中ですよ!非常識  ここ数日連夜  同一人かどうかは不詳・・・ 
ゴミIMG_2032 (640x480) (2) 痕跡IMG_2031 (640x480)
朝の梅畑には 集まっていたカメラマンたちの痕跡 
メモやゴミ 踏み敷かれた畑入口の草むら
たいていの人は 静かに気を配って撮影しているようですが  中には・・・❢ 
若い人ほどマナーは良い との声も聞きました

ヒメボタル 次の世代へ命をつなぐ 大事なとき
雌と雄との 光の波動の交信を 決して妨げないように
その いのちの神秘の営みを見守ることが
相生山の自然を 未来に残すことだと思います

   by   アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山のヒメボタル 撮影に来る人たちへ


この土日深夜 ヒメボタルに会いに行ってきました
雨上がりの木曜日が最初のピークだったみたい
週末は 少し風が冷たくて 飛翔は低調
それでも 下弦の月と蛍のキラメキたくさん 

「山の中は気持ちいいですね。蛍も何年振りか・・・。
楽しい夜遊びでした。・・・・・」
一緒に歩いた 相生山初めて!のお友だち
シンボルコナラ夜①IMG_1718 (640x480) (2)
ところで 以前の記事 こちら とか 
こちら にもあるのですが ちょっと気になる人々
上のシンボルコナラのところまで バイク乗りつけたり
梅畑まで1~2歩 あるいは縁沿い奥まで入り込んで カメラを構える人々
大声でしゃべったり 散策路シャッタアウトしたり
自分の欲と 被写体のホタルしか見えてない
自然に浸る風情も 生きもののいのちへの配慮もない

そこは農家の方が作っている梅畑 そして
一歩踏み込んだら 飛翔能力の弱い♀のホタルの居場所を奪う

ここは みんなが十年以上もかけて 学び工夫して
「ヒメボタルを始めとする 森の生きものたちを大事にしよう」と
都市計画道路廃止という 市長の宣言を生んだ 大都会の中の貴重な場所
シンボルコナラ夜②IMG_1719 (640x480) (2)
相生山のこと 自然のこと ヒメボタルのこと
写真の撮り方の勉強以前に しっかり学んでから来てくださいね
でないなら もう来なくていいです!!

今年は 間に合わないかもしれませんが 名古屋市の
「自然を大事にする『世界のAIOIYAMAプロジェクト』」に働きかけ
自然を壊しかねない人間の行為の調査 
その対策を始めないと とんでもない後悔を呼びかねない と考えてます

    by   アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ヒメボタルに会いに出かけよう

a IMG_1980 (640x480) (2)b IMG_2004 (640x480) (2)
相生山緑地に ほとんど連夜
ヒメボタルに会うために出かけてる 仲間の話では
最近 100匹くらい見れるようになったとのこと
もっとも 条件に恵まれた 22時過ぎ 残念ながら真夜中! 

昨年は 5月中旬にピークが来ました 後から分りました
「温暖化?」のせいでしょうか 年々早まっているようですね
そして 多く見られる場所も ここ数年で変化している感があります
名古屋市は 来週から「ヒメボタル目視確認調査」始めるらしいです
d IMG_2006 (640x480) (2)
最近の傾向で 心配なこと
ホタルたちや 彼らの生育環境=相生山の森全体 に気を配れない
「蛍見たい!」「写真撮りたい!」 自分の要求だけに熱心な人々
c IMG_2005 (640x480) (2)e IMG_2010 (640x480) (2)
相生山の生態系保存の指標となる『象徴種』であるヒメボタル
その生活史 例えば食餌なども まだまだ謎の部分が多いのです

私たちが知らず知らずのうちに さまざまな圧力を与えていることを自覚して
相生山とヒメボタルに親しい「案内人」を捜しあて 
相生山の自然まるごと大好きな 仲間になってくださいね

まだまだ学び中ですが 森の仲間たちの 
~夜の森 ヒメボタルに会いに出かけよう~
「相生山の四季を歩く会」からのご案内は こちら
もう定員になりそうですが オーバー枠は別日の検討も始めています

 昨年多く見られたポイントの昼間の画像からイメージ作成しました
          by  Oak. 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
リンク
line
月別アーカイブ
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line