FC2ブログ

なぜ相生山を変えようとするの?

「相生山の四季を歩く会」の参加感想アンケート
最近寄せられた メールや葉書
名古屋市の相生山緑地基本計画「素案」 こちら をめぐる思いがあふれます
ツツジの園IMG_2821 (640x427)
・相生山のパッチワークのようなビジョンを見て、ガックリ。名古屋市の全体の公園で役割分担をするのがベスト。その時、相生山は現状の良さを残すこと。 (緑区/T)
・今の相生山がいいと、みんな思っているのに。名古屋市の出してきた案、自然を壊す「公園」には絶対しないでください。 (天白区・地元/K)
小楢の谷IMG_2651 (640x427)
・なぜ、あんな公園にしようとするの。河村さんが言ったから?私たちの言ってきたことは無視? (緑区/S)
・最近、相生山で景色が一変するほどの樹木伐採が目立っている。もう見たくない、行くのを止めようかと思うほど。平気で伐っている人、認めている名古屋市の感覚を疑う。 (南区/C)
ツツジの園IMG_2822 (640x427) 橋梁端①IMG_2646 (640x449)
・道路工事中止になってもうけそこなった業者のために、新しく公園をつくらせるのだろうと思います。 (天白区/I) 
・市の資料、「道路廃止及び緑地の基本計画」を読んで、私達の自然への思いとのギャップを感じました。檜・杉を植林した山の中を歩いて「自然は良いですね!心なごみます!」と言った知人の顔を思い出します。人がつくったものと自然がつくり出したもの。庄内緑地と相生山の良い所を考え、双方が市民に大切なオアシスと考えて欲しいと思います。 (市外/G)
橋脚付近IMG_2643 (640x427) 菅田西口IMG_2493 (640x427)
市長を長とする「相生山の検討会議」が開かれようとしています
これほど強い 市民の願いは届くのか
相変わらず 市長の考想だけが優先されるのか 注目です!

     by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

あらためて「意見交換会」後日談

相生山の意見交換会 こちら 参加のみなさんの「あらためて」の感想です
  市役所IMG_2209 (2) (640x385)
・みなさん時間ギリギリまで活発に意見を出されて良かったです。私たちの意見が反映されることを切に願います。
・いい機会に感謝。女性の方たちがすごく勉強されているのに感心、刺激を受けました。
・初めて会えた方の話や、いつも会う人のはっきりした意見をきちんと聞けて良かったです。
 意見交換会②bIMG_2675 (3) (640x427) 意見交換会②aIMG_2675 (2) (640x427)
・意見交換というのなら、名古屋市の人の考えも聞きたかった。一方通行に終わった感じ。
・あれだけ批判したのに、「ふれあいの丘」のビジョンが語られることは無かった。やっぱり「道」をつなぐための「方便」じゃないのかな。
・「素案」を「市民意見を受けて」少し直して、そのまま通すつもりなのか。
名古屋市の姿勢を根本から問うているのに答えが無い。これでは意見交換の意味がない。

  資料スキャン_20181216 (4) (640x465)
・なぜ、あそこまでつくった道路を止めたの、環境保全のためでしょう。それなのに公園として整備するというのはオカシイ。
地元では誰ひとり、そんなことを望んでないのに。

・市長さんの意向に逆らえないのが、お役人の辛いところなのでしょうか。でも税金を払っている市民のことはどうなの? 
・相生山緑地の住民や畑をやっている人に、この案で説得して用地買収できると思っているのでしょうか。
  ふれあいの丘望むIMG_2638 (640x427)
・「森づくり」といって相生山をスカスカにしている人たち、それを認めている有識者と同じテーブルで話をしてみたいです。
・私たちは自分たちの意見をただ聞いてもらいたいがために出向いたのではないです。名古屋市が市民のために責任もってきちんとやって欲しいから行ったのに、市の人からは熱心さを感じなかった。自分たちのやってることを説明して、説得しようとする気が見えない。二言目には「市長が・・・」で逃げてる、と思いました。
・「基本計画のたたき台」という資料、熱意をもって作られた感が得られませんでした。 
  シンボルコナラ冬姿IMG_2669 (640x427)
・第一回目だというので遠慮しましたが、名古屋市は4年もかけて検討し半年かけて「説明会」を準備したのだから、もっとかみ合う論議が出来たはず。
・次の相生山の検討会議で、私たちの意見は市長に報告されるのだろうか。そうでなければ進んでいかない。
・あの場におった市の人たちの感想も聞きたいわ。今度聞いてきてよ。
・ようすが分かったから、今度は作戦考えていかなあかんね。今回は行けなかった人も、次は一緒に。

相生山の道路は、時代の流れと市民の声によって計画廃止が表明されました。「要らないものは要らない」という正当な主張を、粘り強く続けていくことが、ますます求められていると考えています。相生山緑地の課題を通じて「自然を大事にする」名古屋市政に転換できるまで。
私たちは、行政のなかで関わっているみなさんへも、応援する力を惜しまないつもりです。

      by  アイ+Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ステキな仲間たち~意見交換会にて

去る1月31日 名古屋市役所で開かれた「相生山の意見交換会」
「相生山の四季を歩く会」と「ラブリーアース」の仲間17人が参加
全員が思うことのほんの少しだけを 少しずつ述べてきました
その発言要旨を一部紹介します (最近の相生山緑地の画像は記事と直接関係ありません)
意見交換会④IMG_2677 (640x427)
・環境維持のためこれ以上触りたくない。「世界のAIOIYAMA」の文言は削除して欲しい。天白公園にキャンプ場があるのに同じ区内につくらなくていい。税金は福祉と子どものために。(T/天白)
・「説明会」で言われたことは私の思ってることと全て反対で納得できなかった。なぜ人がいっぱい入るように「整備」するのか理解できない。(N/天白)
・お役所のみなさんが河村さんの言ったことに、かくも忠実に「素案」をまとめられていること、お気の毒で、時間も労力ももったいない。(C/昭和)
ふれあいの丘橋台からIMG_2639 (640x427) 橋台跡から「ふれあいの丘」考想地
・同じような意見の人ばかりでなく、違う立場の反対意見も聴きたい。相生山には貴重なところがいっぱいあるのに、「整備」すれば壊される。相生山は道迷いがなく安心して歩ける貴重な場所、特長を大事にしたい。(U/緑区)
・いまのままの相生山の「里山の風景」を、手を加えずに残すのはムリなのかな?(Y/緑区)
・市の構想は「看板あって理念ナシ」と感じる。より自然をのこすのか、ぶっ壊して全く違うものにするのか。すすめるには理念の確立を。(K/緑区)
・「素案」にはがっかり。道路もそれに替わる「園路」も、その必要性が分からない。「相生山の北海道」を今のまま大事にしたい、「ふれあいの丘」にするのは残念。(J/昭和)
収獲風景IMG_2712 (640x427) 「相生山の北海道」ニンジン畑
・相生山から歩いて行けるところに整備された天白公園があるのに、地元の方の要望があるのか、緑地環境の保全のために公園というものには、こういうものをつくらなければならないのか、それがわからない。(H/名東区)
・名古屋市は本気でこういうものをつくる気なんですか。できると思っているのか、本音を知りたい。今のままで凍結、を望みます。(R/南区)
・「何も手を付けるな!」とアンケートには書いた。人間はこれ以上何もしなくていい。もし何かすすめたいなら、畑もみかん畑も元に戻し、あとは自然にお任せのままにすればいい。(S/昭和)
意見交換会①IMG_2674 (640x427)
・「白紙に戻す」という選択肢があってもいい。お隣の三重県で原発計画を白紙にした新聞記事を読みました。何かつくらなくても廃止だけでいいのでは。(B/瑞穂区)
・相生山は今のままでもクールアイランド効果などの価値がある。独創性を持たすため、用地買収して「里山再生」なら意味あるのかな。でも、そこに緊急車両通り抜けさせるのか。大高緑地をイメージしてみると危険性を感じる。そこまで地元住民だけに配慮するというのは?(E/緑区)
橋梁付近IMG_2645 (640x427) 稲田口付近の「道路遺構」
・道路計画廃止表明で、この道路の果たす付加的役割も必要ないと判断された、と理解してきました。相生山は今のままで、建設中止になった道路もそのままで、自然と人の関係のモデルとして残せばいいと思っている。(M/緑区)
・いろんな意見を本質的な論議が必要なもの、情報交換で容易に一致できそうなものなどと区別して、じっくり意見交換していく作業が必要。市長の表明がベストなのか、それだけに沿って進めていっていいのか。相生山をこのまま残すことは、自然と人のありのままを規制することなく残すという、見本として意味があるのでは。(F/南区)
散策路IMG_2693 (640x427) 春待つ中央尾根の樹林散策路
・四季を歩く会と地元町内会の一員と両方の立場で、両方勉強したいと思って参加している。市はみなさんの考えはと聞いているが、全国で他に事例はないのか。そんな提案があってもいいと思う。(A/天白区)
・この計画を進めるのに用地買収だけで500億円との話があった。膨大な予算をつぎ込むだけの費用対効果があるのか。多くの市民が望んでいるのか。(O/南区)
・名古屋市全域から見て、相生山の周辺を見ると、自然の側から言えば「もう殺される寸前」まで「開発」が進んだ状態。これ以上、人間が何を、手を加えるというのか。(I/市外)
北尾根ベンチIMG_2706 (640x427) 北尾根の小楢下ベンチ
blog記事のスペースでは再現でききれない 相生山からのメッセージ
ふだんは語らない方がたからも それぞれの強い意思を感じました
設定・呼びかけから1週間 参加出来たのはほんの一部
名古屋市からの応答は未だなくて 「意見言いっぱなし会」でしたが
ステキな仲間がいっぱい 相生山の未來に確信が持てた意見交換会でした

     by  アイ


theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山緑地の第一回意見交換会

2014年末の「相生山の道路計画廃止」市長表明から初めて
昨年12月の「説明会」を経て 市民と行政との意見交換会が始まりました
私たちのグループが最初だそうです 参加したひとりの仲間の感想を紹介します
意見交換会②IMG_2675 (420x280)
 「基本計画の素案」にそって公園をつくろうとしている市に対して、「このままの相生山でいい」と思っている私たちはこの「基本計画」は望んでいないわけです。
 望んでいない「計画」について意見交換するのはムダではないかと思ってしまいました。この計画を白紙にして相生山緑地をどうするか?なら意味もあると思います。

 この計画に賛成する人たちがどのくらいいるのかも不明です。示された資料では、批判的な意見がほとんどで賛成の意見は少数のようです。
 市はことあるごとに「みなさんのご意見・・・」と言いますが、希望する人が少数でも進めるというのなら、多数派の私たちがあえて意見を述べる意味はあるのでしょうか。
 「膨大な予算をつかって相生山に公園をつくるなら、地元をふくめ大多数の市民の要望があるかどうかが大事なこと」と言われた方がみえましたが、その通りだと思いました。
意見交換会資料②スキャン_20190201 (3) (290x400) 資料:配布資料の一部
 市側からすれば「市民のみなさんと意見交換を何度かやって決まりました」と言いたいのか?そういう実績だけが必要なのか?
 最初に考えなければならないのは、会の始めに市から出された「意見交換のすすめ方」ではなく、何について意見を交換するのか、「この基本計画で良いのかどうか」を先ず話し合わなければ、と思いました。
 公園を整備するということになれば、その設備をつくるためにも道路が必要になってくる、公園が大規模になれば「園路」も今のままでは間に合わなくなるでしょう、そこが市の狙いでは?と考えてしまいました。
意見交換会③IMG_2676 (360x240) (2)
 会の最後に「みなさま方の非常に熱い思いを実感しております」というあいさつがありましたが、市の姿勢に市民と向き合う熱と覚悟がまだ足りないと感じました。  (R.63)


     参加者の発言要旨や他の方の感想は また稿を改めて  
        by アイ

 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

なぜ 今『ふれあいの丘』?

 名古屋市との意見交換を前に考えています。

 これからは、12月16日に公表された「相生山緑地 基本計画の素案」で「相生山緑地の拠点となる場所」と位置付けられた『ふれあいの丘』が、新たな焦点になるのではないかと。
説明会資料4
 「相生山の道路」の経過をおおまかに見れば、1957年/都市計画決定→2004年/市民の意見を反映させて計画変更・認可・着手→2009年/工事中止→2014年/河村市長が「計画廃止」を表明→世界のAIOIYAMAプロジェクト検討会議(以後略「会議」)を経て→2018.12素案公表、現在に至る・・・・ということになります。(2010年/学術検証委員会資料に一部追記)
    相生口IMG_2368 (640x427)
 4年前、市長は文書で「道路事業は廃止」「道路部分を含めて都市公園及び緑地として・・・」「建設済みの道路部分は・・・公園施設として活用する」「ただし、都市公園の管理のため・・・・園路を設けて下山畑口から相生口までつなげ・・・緊急車両は通行できるようにする」と発表し、記者との質疑応答の中では「(計画廃止の理由は)自然を大事にしようという精神でいこうと。それが根本です」と明確に述べました。 こちら参照
    橋台IMG_2640 (640x427) 
 翌年からこれまでに12回開かれた「会議」では、市長の表明に沿って「道路廃止」と「公園計画」がセットですすめられてきました。そのなかで一番の焦点は「自然を大事にするため道路計画は廃止するが、公園施設の園路としてつなぐ」ことによって、やはり自然破壊してしまう矛盾点をどう「解決」するのか、であったと思っています。 こちら参照

 2017年11月の第10回「会議」では、まさに建設済み「道路」部分と未着工道路用地をつなげる「園路」案が示されていました。
#10資料3
 ところが、2018年2月の「会議」以降、異例の9か月の中断期間を経て示された案では、以前の「農業体験ゾーン」に替わって、新たに『ふれあいの丘』が登場しました。そして、「園路」はそこへのアクセス(道路)と位置付けられています。市民向け説明会では、このことに多くの疑問が発せられ、当局の返答は極めて歯切れの悪いものでした。
説明会資料5
 『ふれあいの丘』とは何のための場所か?
 公園だからと言って、何らかの施設が必要というものではないと学びました。
 地元から「相生山にたくさんの人が集まって来るような工夫をして欲しい」などという声が聞こえたことは、未だにありません。
 相生山に最も親しんでいる人びと、あるいは一昨年の市民アンケートでも「自然観察」「散策」の場であることを望む声が圧倒的です。
 なのに、なぜ『ふれあいの丘』が提案される必要があったのか?

 大胆な仮説を立てます。
 それは「下山畑口から相生口をつなぎ、緊急車両を通すための道をここで連結させるための場所」を必要としたからではないのか。貴重な樹林地を一本の道で南北に分断することへの非難、を避けるために。
    遺構IMG_2649 (640x427)
 相生山の道路は都市計画決定されながらも、広範な名古屋市民の「自然を大事に!」の声によって工事中止、計画廃止までの判断をせざるを得なくなりました。けれども、「市民生活のために」決められた計画を白紙撤回とするには躊躇がある、市民の意見にも相違が残っている、この状況での「妥協案」ではありませんか?
    ふれあい広場IMG_2367 (640x427)
 長期を見据えた「政治的判断」に自信があるなら、異なった意見の持ち主を誠実に説得すべきです。その場限りの「乗り切り策」は、やがて暴露され禍根を残します。問題をそのまま塗り込めれば、大きな崩壊が待っています。
 市長判断、「会議」での検討、たずさわる専門家である市職員の実務の積み重ね、そして市民の税金や期待がムダにならないように。
 私たちは、ここはしっかりと見極めたいと思っています。
緑地全景IMG_2337 (2) (640x269)
 自然を大事にすることは、人自身を大事にすること。自然は多様性であり、連鎖であり、悠久の歴史でもあります。
 すべての名古屋市民が「自然を大事にする」ことの重みを認識できますように。「自然を大事にする」市政の恩恵を受けられますように。

 相生山緑地についての「意見交換会」壮大な舞台の幕が、もうすぐ上がろうとしています。

  長文にお付き合いいただきありがとうございました。
  恐縮ですが、更にこちらこちらの記事も、ご一読お願いします。

    by  アイ+Oak.
    

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

意見交換会に備えよう

 相生山緑地に少しずつ春の気が寄せてきます。
    冬芽IMG_2516 (640x427)
 昨年12月16日の「弥富相生山線の道路事業廃止及び相生山緑地の計画に関する説明会」(以下「説明会」)では、「1月から市民との意見交換会を実施」と公表されました。あと1週間で1月も終わります。
 私たちは《提案された「意見交換会」は当局の「意見聴取」にしかならないのではないか、本来の意見交換とは、相生山緑地周辺の学区の町内会長さんや地元の住民や私たちのような「自然を大事に」と活動してきたグループや学者さんのような専門家などなどが一堂に会して意見を述べ合うものを何回か開いていくのでなければ、名古屋市のみんなにとっていい結論を導き出せない、さらにそれを相生山の現地に集まって》という確固とした意見をもっています。このことを訴え続けることも含め、とりあえず第一回目の当局との「意見交換」に臨もうとしています。
相生口IMG_2369 (640x427) 2号橋台IMG_2234 (640x427)
 「説明会」で示された「市の構想」 資料はこちら と当日の質疑応答や、これまで何年間にもわたる河村市長や当局との意見交換をもとに、参加予定者それぞれがそれぞれに準備を始めています。 
畑IMG_2365 (640x427)「ふれあいの丘想定地」
 私たちの仲間の意見の大勢は、①いろいろな物を作って公園をつくって欲しくない ②重機や車や人が入り込み、自然は失われてしまう ③今のままで残すのは無理か、という気持ちから発していると思われます。
 「説明会」後に提出された意見をまとめると、
①相生山緑地の自然はどんな自然ととらえているのか?どのように大事にしていこうとするのか? ②公園の必要性について。はたして公園として整備することが必要なのか? ③「計画廃止の道路」に替わる道が本当に要るのか? ④防災、渋滞対策は緑地整備と切り離して、地域住民の問題として、別個に話し合った方が解決がすみやかにいくのでは?
といったものになるようです。また、自然とのつき合い方への問題提起として⑤現在行われている名古屋市と市民有志による「森づくり」活動についても、見直しをかけることが今後の緑地にとって欠かせない課題、とされています。
1号橋梁IMG_2277 (2) (640x427)「活用したい」とされる遺構
以上は、このブログで繰り返し取り上げてきました。たとえば こちらこちら
 
 それ以外にも、新たな課題が見つかるかもしれません。思ってもない切り口が見えて、初めてのステージが待っているかもしれない。市の担当者とじっくり話し合える機会なんてめったにないことですから期待もあります。さらに、私たちの「相生山の四季を歩く会」のメンバーには「地域住民」の方も多く、何人かが参加希望しています。ホンモノの意見交換の端緒が開かれて、学び合えれば、きっと楽しい恵みを得られるでしょう。
   梅畑IMG_2472 (640x427)
 梅の蕾がふくらみ始めています。
 私たちは今のままの名古屋市の「相生山構想」を支持出来ませんが、私たちの思いや理論をもって粘り強く話し合いを続け、必ず大丈夫な結果を得ることが出来ると確信しています。たとえば こちら
 それは、名古屋市の職員のみなさんが「市民のしあわせのため」自らの知識と経験と努力を集中させることをいとわないと信じ、私たちもまたそうであることに自信を持っているからです。

     by 森の妖精アイと仲間たち

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line