FC2ブログ

なかなか開かれない「説明会」

 昨日、名古屋市では40.3℃という史上初の最高気温が観測されたそうです。
下山畑方面IMG_0502 (640x427) 「道路予定地」西端
 猛暑のニュースは連日にぎやかですが、相生山の市民説明会はどうなっているのでしょう。その要項を決めるとしていた「世界の『AIOIYAMA』プロジェクト検討会議」の日程も決まらぬまま、河村市長の「道路計画廃止宣言」から3年7か月も過ぎました。
シェルターIMG_0504 (427x640) 「自然に配慮した道路」の象徴=シェルター開口部
 市民への説明会は、都市計画審議会での計画変更にいたるために必要な手続きです。と同時に、都市計画の大転換について市民に問い、その意見を聴きつつ大方向への賛同・支持を得ていくための手段としても、市政の根本にかかわる重大事だと考えます。私たちは市長や議員に、何でも自由にしてよいという無条件な権限を与えたわけではありません。ましてや「相生山の道路」は市長選の争点になったほどの大問題です。
 問われてきたのは「人は自然とどうかかわっていけばいいのか」ということだと思っています。まさに世界的に今日的に(意識していようがいまいが)誰もが抱えている課題です。
整備路面IMG_0475 (640x427) 未だに整備継続中の道路遺構
 もしかすると、市長筆頭に行政は「やる、やる」と言いながら時間稼ぎをし、市民の関心が薄れてしまうことを期しているのではないか、と思ってしまうことがあります。
 土木工学の専門家の方にお聞きしたところ、「相生山の道路のような構築物の耐用年数は50年。付帯設備などの補修は要るだろうが、当分放置しておいても工事再開、供用開始に大きな支障はないのではないか」とのことでした。人びとの耳目を逸らしておいて密かに思うとおりに、、、どこかでいつもやられている気がいたします。
 もっとも、ぎりぎりまで放置し、果たして「道路はやっぱり要らなかった」と後の世の人に判断を委ねるという策もアリかもしれません。
シェルター上から東IMG_0500 (640x427) 森を切り裂いた「道路」
 それとも、と私たちは考えます。「自然を大事に」と「周辺住民の安全・利便」という「相反する」世論を収めるための「政治的」判断。余りにもそれに忠実な「相生山緑地の未来構想」を、市民に提示し説得する自信が無いから躊躇しているのではないか。
 市長判断は矛盾に満ちたものでした。「自然優先に道路はつくらない」としながら「予定地ルートに、緊急車両通行可能な園路をつくる」「世界から評価され、人が集まり、みんなが喜ぶ公園にする」。それは自然破壊を供なわないのか、テーマパークのような緑地の創出、果たしてそれは地元近隣を含む名古屋市民の願いに通ずるものなのか。 
 こうしたことを問いかける「説明会」こそ、開かれる必要があると思っています。付け加えれば、市民の意見は相反してはおりません。市政アンケートでも、地元の「道路」のために土地を売った人の間でも、「自然は大事にしなければ」強い意思は共通です。
相生口方面IMG_0476 (640x427) 「道路」東端、相生口方面
 市民への説明会は、市役所の偉い人が「市民のために良いように」と考想を固め、道具立てを準備し、それらでもって「市民を納得させる」ためのものではないはずです。謙虚に率直に、行政施策の方針について見解を述べればいい。充分煮つまっていなくても、矛盾が内包されていてもいいではないか。本当に“市民のために何とかしたい”という姿勢があれば、寛大な市民はそれを受け入れ、次につながる対応を見せると思います。以前もこんなことを書きました。
 河村市長はじめ名古屋市政を託され努力されている、行政の各階層各分野の方がたに『大英断』を期待しています。市民は説得すべき対象ではなく、知恵を借りる仲間です。説明会は失敗しても何回もやり直せばいいです。人のいのちがかかるほどの緊急性、巨額の経費もかかりません。

 猛暑・酷暑への対応策は大事です。けれども「異常気象」といわれる、その根本原因の追求を怠ってはいませんか。私たちの祖先が大切にしてきたものを忘れてはいないか。樹林地や野原や湖沼や田んぼなどの遊水地を「開発」し、自ら招いた「異常」を自然破壊のエネルギーによる空調で逃れようとする、、、勇気をもって連鎖を断ち切りたい。
 名古屋市には、“相生山”という大チャンスが提起されていると、私たちはずっと思っているのですが。

    
    by Oak.+アイ


theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

対策急いで 相生山緑地

相生山緑地 ヒメボタルの時季が近づいていますが
竹林沿いの散策路では 柵がタケノコ泥棒によって壊されたまま
破壊③IMG_9315 (640x427)
注意喚起の表示も壊れて 地表に落ちる寸前
しっかり設置し直さないと これでは用を果しません
破損表示②IMG_9499 (640x427)
侵入者防止の垣根も いつの間にか破損しています
深夜ここから入り込む「観賞者」が後を絶たないと聞きました
破損表示①IMG_9500 (640x427)
気兼ねなことが他にもあります
「ツツジの園づくり」の為にと 市公認ボアンティアグループが伐採した樹林地
伐採地②ツツジの園aIMG_9462 (640x427)
すっかり刈り払った結果 向こう側から夜も明るく見えるとのこと
そこは もうスグ 蛍めあてのカメラマンたちが多く集まる地点
奥の樹林が明るくなって ホタルが見えにくくなったら
彼等は対象を求めて 森の中を野放図に捜し回ることでしょう

こちらも「森づくり」の伐採地区域
昨年までは水路沿いに低木が茂り 地形も分からぬ「危険地帯」でした
それでも撮影目的に奥へ潜り込む輩がいて たびたび注意されていたそうです
伐採地①人工林エリアIMG_9497 (640x427)
こんなになってしまったからには 流行りの「インスタ狙い」が心配です
急速に破壊され 後戻りできなくなる 自然のいのち
そんなことには無頓着 認識不足な「見物人」「観賞人」「撮影者」

垣根や柵の補強や設置 表示の見直し新設 工夫をこらした啓蒙活動
人出の調査や制限 出来れば監視人の巡回など・・・・
管理者である名古屋市の緊急対応が望まれます
「自然を大事に」が 掛け声だけになってしまっては
後世に悔いを残します

    by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ヒメボタルの季節の前に

季節の巡りが速い今年
例年4月末の連休ころに舞い始める ヒメボタルも早いかもしれません
心配していることがあります 昨年も名古屋市に提案 こちら したのですが
「自然を大事にする市政」と言いながら 実際が伴っていないからです
伐採地①IMG_9090 (640x427)
昨夏から伐り払われた 谷沿いの竹藪と樹林の区域
相生山緑地でも屈指の ヒメボタルをはじめとする いのち豊かな場所です
園路沿いIMG_9089 (640x427)
「計画撤回」が表明された都市計画道路のルート上にあり しかも
「緊急車両も通れる園路」のコースが考想されている場所と一致しています
実行したのは オアシスの森掲示IMG_9124 (640x427)
果たして 森の生態系全体を充分に検討したうえでの「整備」だったのか 
私たちは疑問に感じています なぜなら こちら
この夏のヒメボタルの発生に たちまちマイナス影響が出なければいいのですが

さらに 別の提案 こちらでも指摘したように また こちらの記事のように
自然環境よりも自分の都合しか考えない行為が 繰り返されています
掲示IMG_9088 (640x436)
名古屋市の設置した掲示にしても 外され投げ捨てられ 
私たちの仲間が 何回捜してきて付け直したか知れません

ホタル撮影に訪れる人びとの中には 園路から茂みへの入り込みがあります
それでも去年までのように うっそうとしていれば 真夜中の森では
地形も樹林のようすも分からないのため 歯止めになっていたと思われます
踏み込み場所IMG_9092 (640x427)
これだけ スカスカになってしまっては 
ホタルたちの住み処を ズカズカ荒らされそうで心配です

相生山緑地 その「自然を大事」にする課題
「世界に名だたる『AIOIYAMA』公園」をつくる前に
いきものたちの谷を通す 「園路」と名を変えた道路の検討をする前に
「善意」に 悪意に繰り返されている 森を壊す行為を止める
名古屋市の姿勢と実行力が求められていると思います

    by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

名古屋市役所にて

名古屋市長あての「提案書」提出に同行し
世界のAIOIYAMAプロジェクト検討会議事務局の方がたと
面談して考えたことです 記事はこちら
面談①IMG_8263 (640x427)
河村市長の「2014年年末記者会見」で
「道路計画は廃止」と発表されたわけですが こちら
そのとき 気になっていたことが 3年経って表面に出てきた感じがします
このままでは「自然を大事にしようという精神が根本」と矛盾し
取り返しがつかないことになりそうで心配です

一つは せっかく道路をつくらないと言いながら
「公園整備の園路をつないで緊急車両を通す」としたこと
もう一つは 「世界から「AIOIYAMA」と呼ばれるような
新しい名所となる公園」づくりをすすめるとしたこと 

3年前 仲間が相談して市長に出していた意見書 こちら
「新たな公園施設に投資せずとも「建設途中の都市計画道路を廃止した」
輝かしい事実こそが何よりも世界に誇る、私たちの子孫に残す名古屋の
宝物になる。」が原点だと思っています

沢山の予算を使って 施設作りまくり 仕事した!!と
満足して頂いてはならないのです
相生山では 何もしないことが最大最善の仕事なのです
面談③IMG_8266 (640x427)
検討会議の会議記録を読んで  こちら
世界の相生山とは 園路を通してユニバーサル公園や
パラリンピック会場にすることではなく せっかくこの地に今まで残された
自然豊かな相生山を そのまま残すことこそ
名古屋にとって大事なことだと確信します

検討会議の委員の方がたは 相生山緑地の現地へ足を運んでいるのか
相生山の自然を知ったうえで 公園開発をすすめようとしているのか

面談の席は不慣れで 自分からの思いを伝えきれませんでしたが
河村市長に 提案の趣旨が届き
3年前から持ち越しの矛盾を 見直して頂けることを願っています

    by アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

森の仲間のパブリックコメント

名古屋市は「長期未整備公園緑地」にかかわる意見公募を行っていました  
・・・詳細はこちら
相生山の森の仲間が 友人たちの意見や感想を確かめながら
提出した意見書を掲載します ちょっと長いですが読んでみてください
 画像は先日の「相生山の四季を歩く会」でのスナップから 記述と合わせて選びました 
   パブコメ⓪(640x480)
意見
 1.まず、名古屋市政の中長期方針の軸に「自然を大事にすることは、人が生きていく上でも必要不可欠である」と位置付けることが求められていると思います。
 名古屋市のような大都会では、樹林地や湿地などは切り離された小さな部分でしか残っていません。自然と接することのできる場所や機会をもつことの大切さを、行政が認識し、それを市民に啓蒙していくことが求められている現状であると考えます。

 2.「自然」についての人びとの認識はさまざまです。近年は、自然の効用、景観や「癒し」、さらには経済効果といったことのみが取り上げられる傾向にあります。
 しかし、より大切なことは、わたしたちが自然の法則の中に生かされている存在だという認識です。宇宙と地球、さまざまな生きものが食物連鎖でつながり遷移していく生態系のシステム、そこから学ぶこと、それを(出来るだけ)壊さないこと、さまざまな命をいただいて生きていること、こうしたとらえ方をもとに『公園・緑地についての方針』が立てられるべきであると考えます。
 その上で「長期未整備公園緑地」をどうするか、具体的に考えるべきであると思います。
   パブコメ①IMG_8063 (640x427)
 3.以上を前提に、名古屋市は「長期未整備公園緑地」の未買収地を、個人などの都合で勝手に「開発」されてしまう前に、出来るだけ早く取得する方向をうちだす必要があると考えます。そのための予算配分を思い切って増大する必要があります。

 4.また、公園緑地の事業化や整備着手に際しては①その区域の生態系をていねいに調査し ②これ以上環境を壊さないこと、土地や土地利用の現状を(出来る限り)改変しないこと ③新しい道や施設や設備をつくることには慎重でなければならない、と考えます。
 これらのことは市の財政からみても、ムダな出費を抑えることになります。
   パブコメ③IMG_8090 (640x427)
 5.名古屋市も含むいくつかの自治体の中には「自然を人間の意のままに改変することが自然の為にも必要だ」といったような一面的な考えがあるように思われます。推進者や担当者のみならず、広範な市民と共に学びなおすことが求められているように思います。

 6.この10 年近く相生山緑地につきあってきました。現地や近隣に生まれ育ち住み生活している方がた、緑地の樹木や生きものたちからも学ばせていただいている最中です。
 相生山緑地では「道路計画の廃止と大規模な公園を整備すること」が課題になっているのですが、自然の事象も人びとの思わくも「壊されたものつくってしまったものは仕方がないが、これ以上は(浅はかな)人間の方策に左右されることなく、現状のままで未来に残すようにしたい」というとらえ方が大勢であると思われます。それに外れるようなことが生じないような措置を当局に望むところです。
 もちろん、道路計画を廃止するための法的手続きは、今を生きる人間の責任で速やかに実行しなければなりません。
   パブコメ②IMG_8083 (640x427)
 7.どの「長期未整備公園緑地」の対象区域でも、それぞれにさまざまな問題があるのだと思います。現地現場の(最新の)調査、当該地域の地権者や住民や関わる市民や行政の現場担当者やの知識と知恵を生かし、既成概念や先例に縛られることなく、未来を見通す立案と事業化推進を願います。                                     
                                 以上

届きますように! 変わりますように!!

     by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

締め切り間近

相生山緑地をふくむ「長期未整備公園緑地」についての
意見公募(パブリックコメント)は 1月15日締め切り
名古屋市HP (640x571) 名古屋市のホームページ 
↑マークのタイトルをクリックして 意見公募のタイトルから
パブコメ①
「長期未整備公園緑地の・・・・」ページへ
pdfを開くと 名古屋市の都市計画の見直し案が見れます
パブコメ②
同じページの下には
締切日赤マーク内
問い合わせ連絡先だけでなく
「ご意見シート」がダウンロードできます 緑マーク内
受付専用メールアドレスは その下に
パブコメ③
このブログでも 昨年記事を書きましたので こちら と こちら
各記事からのlink資料も含めて 参考にしてください

「公園緑地」に指定したものの 名古屋市の予算が無くて買収できないので 
削除して個人に任せる・・・という案件も 中にはあるようですが
ますます 自然環境を大事にしなければならない ご時世
「あるがままの自然を大事に 緑いっぱいの名古屋市に!」 
そんな声がたくさん集まるといいですね

「名古屋市民でなくても頂いたご意見は参考にさせて頂きます」とのこと
他の地域からのアドバイスも貴重です

「個人の価値観で開発始めてしまう前に 名古屋市の土地として購入し 
道や施設をつくったりせず みんなの意見を基に大事にしてほしい」
「人間だけでなく さまざまな生きもののいのちも考える根拠地に」
そんな意見を書きました

  
   by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line