FC2ブログ

台風一過で山仕事

台風24号は深夜のうちに通過して 山仕事日和
前の台風の風倒木 こちら 厄介な仕事に
地元の樵の親方が 助けに来てくれました
親方IMG_1073 (640x427) 親方IMG_1076 (640x427)
岩盤下の崩れた斜面で 根扱ぎの株を切り離す作業
枝処理IMG_1079 (640x427) R63IMG_1096 (640x427)
その後の玉切りと枝運びは私たち 川沿いの一角が収まっていきます

危険な掛かり木や もたれ掛られた木を処理する作業が続きます
曳き出しIMG_1083 (640x427)
曳き出したり 川から上げたりは ユニック車の出番です
 
引き上げた 自然植えのスギ 樹齢は80年を超えていました
80年生IMG_1094 (640x427)
けっこう太く長いのですが 捩れ曲がりがあって 市場に出しても
「チップ材」としてしか引き取ってもらえないそうです
それでも 丸太にして 積んで運び出してもらうことにしました

斜面を上がったり 川を渡ったり 
伐倒・処理・曳き出し・積み込み・処理 の繰り返し 
本日作業終了IMG_1101 (640x427)
早朝から夕方までかかって ほとんど片付きました
下は台風21号通過翌日 9月5日の写真です  
翌日IMG_0794 (640x427)
最後に 川を狭めていた根扱ぎの株を吊って曳き出しました
株吊り上げIMG_1114 (640x427)
雨で増水し せき止められていた水が一気に流れ出しました
この川は 飛騨川に注ぎ 水路貫通IMG_1117 (427x640) 
木曽川に合流し 伊勢湾に至ります
自然と人の関わりの 小さな小さな一コマです

    by  R.63

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

台風の傷跡

台風21号 この地域の被害は比較的少なかったのですが
いつもの山仕事現場 翌日出向いたら!!! 林道不通
林道不通①IMG_0784 (640x427)
「落し風」という呼び名があるそうです
小さな竜巻のような突風が 山林内を吹き抜けて
林道不通②IMG_0790 (640x427) 林道崩壊IMG_0785 (640x427)
チャート質の岩盤の上に 浅根性のヒノキは
あちこちで 何本も「根こぎ」(=根こそぎ倒れる)になりました
林道開通IMG_0940 (640x427) 風倒木IMG_0938 (640x427)
行政と地元の業者さんの早い対応で 10日もしないうちに復旧しましたが
急斜面に重なった 風倒木と掛かり木
林内の川に落ちた根や岩石の処理は 自分たちでするしかありません
川せき止めIMG_0946 (640x427)
「次の台風が来て洗い流してくれるまで待つしかないかな」
「下手に手出すと大怪我するぞ」
「まあこのくらいですんで良かったと思わんと・・・・」
倒木タカノツメIMG_1015 (640x427) 尾根風折れIMG_0912 (427x640)
今日になって発見 尾根筋の自然林と人工林の境で
高木のホウノキやタカノツメやソヨゴなどが 倒れていたり
伐り残してあったヒノキやスギやアカマツが 傾いたり 裂けたり
・・・・・
そして 秋の空に秋の雲
秋の空IMG_1005 (640x427)
私たちよりも もっと大きな被害を受けても
奮闘されている人びとのことを想います

たいへんだけれども 前へ

   by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

山の秋

お盆過ぎて 夜半にはスズムシの声が響くようになりました
美濃―飛騨境の山奥から 季節の節目の便りです  
夏の終わりIMG_0683 (640x427)
猛暑のなか 10分働き15分休憩して整理した 間伐あとの急斜面
1区域終了IMG_0569 (640x427)
伐り置きのままでもいいのだけれど 少しでも早く自然の山に戻したくて
土止めや作業道用の丸太以外は 2m程度に切って運び出すことにしています
晩夏の午後IMG_0689 (640x427)
画像では見つけにくいですが 近くの自然林から運ばれてきただろう
クリ(栗) コナラ(小楢) スノキ(酢の木) タムシバ  ホウノキ(朴)
1年~2年の幼木が育っています 間伐始めて以降の子どもたちです

台風が来て 近隣では洪水被害が出るほどの大雨が降って
空気が少し変わった翌日
猪①IMG_0699 (640x427) 猪②IMG_0700 (640x427)
イノシシ君たちが昨夜 食事に来訪した跡です 
野生の子は賢い 暑い間はなりを潜め いきなり食欲の秋
人工林は通過地帯 植生豊かになった山は 土も餌のミミズも豊か(らしい)
フユイチゴ花IMG_0702 (640x427) フユイチゴIMG_0703 (640x427)
フユイチゴ(冬苺)の花が咲きました 夏の間に林床一帯に延びた蔓
もうしばらくしたら・・・・山のお愉しみ
さっぱりした山の上には 秋空IMG_0692 (427x640)
秋の空です
8月は残りわずか 次の雨の後はステージが すっかり変わることでしょう 

   by  R.63

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

恋空

恋空(こいぞら) リンゴ極早生の品種です
恋空②IMG_0455 (640x427)
中央アルプスと南アルプスに挟まれた伊那谷のりんご畑
中アIMG_0452 (2) (640x360) 南アIMG_0456 (2) (640x360)
「今年は暑い」けれども 名古屋市に比べれば数℃低い
樹齢数十年の貫禄 りんごの樹
りんごの樹IMG_0453 (640x427)
毎日水やり丹精のおかげで 順調に実りつつありました
収獲の秋まで4か月 ずっと天候に恵まれますように

畑の中に 赤くなった果実
「早い時期にも食べたいと思って」悪戯っ子みたいに この畑のオジサン
フジの樹に一枝 接ぎ木してみたそうです
恋空①IMG_0454 (640x427)
特別に! 一個いただきました
棗(なつめ)に似た しっかりした素朴な味がしました
幼なじみのシュン君の家の庭にあった棗を思い出しました
・・・彼のお父さんは国鉄の機関士をしていて
・・・家の人にはナイショで 背を伸ばしてやっと届く 未だ青いのを 
・・・笑いながら リスにみたいに 齧った

暑い熱い夏に
リンゴは甘酸っぱい 涼しい思い出を運んでくれる

   by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

松浦武四郎

幕末~維新期の冒険家で 
「北海道の名づけ親」と言われている 松浦武四郎 
今年は生誕200年 「北カイ道」命名案の上申は150年前の7月17日
武四郎生家①IMG_0410 (640x427)
三重県松阪市(旧一志郡)にある 彼の生家と記念館を訪ねました
武四郎記念館①IMG_0401(640x427)
アイヌ民族の中に入り 彼らの協力を得 共生しようとした先駆者
ちょうど アイヌの人びとの暮らしぶりを伝える絵画や書物の展示期間
以前から懇意の学芸員さんが 特別に案内説明してくださいました
屏風IMG_0402 (640x427) (2) 武四郎記念館②IMG_0405 (640x427)
松陰や利通など「志士」と交わる一方 幕府の依頼も受けて蝦夷地を探査
明治政府に厚遇登用されながらも アイヌ民族への差別収奪に反発し辞職
全国を旅した実際から学んだ 多様でワイドな価値観の持ち主だったようです
小野江の渡し近く 武四郎生家②IMG_0413 (640x427) 伊勢街道に面した実家
70歳過ぎても大台ケ原や富士山登頂などという「生涯探検家」だったのに 
兄が継いだ生家には行かず 本家にのみ拠ったというのは
もしかしたら兄嫁さんが苦手だったか・・・などと勝手に想像

未だ未だ「知る人ぞ知る」埋もれた偉人ではありますが
そのうちTVドラマ化されるらしいので 今からそろそろ認識を

  松浦武四郎については こちら

     by  ai 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

暑さにも負けず

久しぶり 岐阜東濃からのリポートです

林道わきのドクダミが花盛りになって
ドクダミIMG_0201 (640x427)
蒸し暑さ汗だく こらえながら 7月の山仕事
尾根よりIMG_0221 (640x427)
伐採期に間伐した 尾根や斜面のヒノキを
枝を払い 玉切りして 谷底まで落とします 
急斜面 作業中IMG_0143 (427x640)
立っているだけでもタイヘン
でも ノコギリを使える程度まで 少し慣れました 
斜面整頓IMG_0151 (640x427)
密集したままで 真っ暗だった山林は 植生が乏しく
踏み込むと 土が崩れて 足の置き場がありません
伐り置きの幹を 土留めや橋にしながら 
運び出す丸太は 地面から浮かせて積み上げ保管 
休憩 樹冠夏空IMG_0220 (427x640)
樹間の広がった山林の 梢の上に 夏空
風が流れると 都会とは全く違う 暑さと爽やかさ
午前中から夕方まで 入れ替わり立ち替わり
いろんな鳥たちの声が 聞こえ近づき 飛び交います
(・・・野鳥に詳しい人 教えに来てください!)
少しずつ 山が明るくなるにつれ 数も種類も増えていく感じがしています
ニガイチゴIMG_0203 (640x427)
ニガイチゴ(苦苺)名前に反して 甘い木いちごは
伐って5年の間に育った 山の自然からのプレゼント

また 雨が来るそうです 台風も
ノルマはないけれど 少しでも早く 山の「異常」を戻したい思いです

      by  R.62


theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line