FC2ブログ

美芽ウスノキ

ことしは早い春 赤い珊瑚のような枝は
ウスノキ(臼の木)
ウスノキ①IMG_2921 (640x427)
雨と暖に 芽鱗脱ぎ始め
ウスノキ芽①IMG_2923 (640x480)
ツツジ科 日照を好むので
相生山では主に3か所の 低木の多い尾根に生育します
ウスノキ②IMG_2929 (640x427)
競争相手の無いところでは 横に広がって
赤い冬芽は 細かいけれど注目を集めます
ウスノキ芽②IMG_2924 (640x427)
相生山を歩く仲間たちは ウスノキの冬から春の姿が大好き
「ウスノキ見に行こうよ」「ウスノキどうなってるかなあ」
「人気投票」では いつも上位 こちら
ウスノキ芽③IMG_2947 (640x480)
産毛のような短毛が可愛い一年枝は 
陽が強くなってくると 緑色が薄れていきます
臼の木?そぐわなさそうな名前の由来は こちら

春の雑木林 花にはまだ早い この時期は
ウスノキの冬芽が その美しさを誇ります

  by  Oak.

      

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

春雨だから

春雨②IMG_2985 (640x427)
梅畑に春の雨 しめやかに
梅とメジロIMG_2984 (2) (640x427)
咲きかけの花に メジロ(目白)が群がって
ニギヤカに啼き交わしながら 高く低く 
枝から枝へ 通過していきました
春雨①IMG_2983 (640x427)
竹藪に シンボルコナラに 
幾日か振りの 水の精が降りました

シジュウカラ(四十雀)が一羽 地表に現れ たちまち樹上へ
すぐの向こうに コゲラ(小啄木鳥)らしい声 
暖かい雨が 相生山の生きものたちに潤いを運びます
雫IMG_2987 (2) (640x427)
イボタノキ(水蝋樹) 冬越しの葉の小枝に 
春の水滴が 点りました

今日は傘をすぼめて あたりに敏く
春雨だから ウキウキ 濡れて行きました 

    by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

雨水(うすい)

冬の気 ゆるみ
空の明かるい日が 多くなってきました
冬芽たちにも 小さな変化が起こります 
ウスノキIMG_2925 (640x480)
ウスノキ(臼の木) 頂芽の先 ほんの少しだけの隙間
「相生山の四季を歩く会」で人気一番の子
タカノツメIMG_2975 (640x427)
タカノツメ(鷹の爪) 灰褐色が後退して緑帯びる
イソノキ(磯の木) イソノキIMG_2942 (480x640)
小さな葉痕の上端から 産毛の幼い芽 
ザイフリボクIMG_2965 (640x427)
ザイフリボク(采振木) 芽鱗の中 覗く

暦に忠実な ことしの相生山
雨水の日に 雨が降ります
西高東低から 移動性低気圧と温暖前線へ 
水とともに 春が来ます

     by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「里山林健全化整備」ってどうゆうこと?

相生山緑地の菅田(すげた)口から入った所に 看板が立ちました
菅田口IMG_2955 (640x427)
この辺りはアベマキ林のなかを園路の階段が付けられていて
最近 大規模な伐採を 名古屋市が行ったようです
伐採地③IMG_2958 (640x427) 伐採地②IMG_2960 (640x427)
都心まで眺望できるほど開かれた樹林  斜面の下までスカスカで風が通ります

散策する市民から 苦情も出ていました こちら
「相生山の四季を歩く会」でもみんなで見に来ました こちら
そんなことが伝わったからでしょうか 既定の工程だったのでしょうか
園路わきの大きな切り株の近くに 立派な看板が立ちました
アベマキ切り株IMG_2956 (640x427) 看板設置IMG_2957 (640x427) 
記載表示
看板表示IMG_2954 (640x427)
私たちの税金で! 「里山健全化整備事業」??
事実は「枯れ木」ではなく 少しの風倒木と大多数は「健全な」高木でしたよ
みんなに よく分かるように説明してもらう必要があります

長い間 菅田地区の人びとは 相生山の尾根の平坦地を農地とし
戦後しばらくまで 裏山である相生山から燃料などを得ていました
マツと背丈以下の低木で 「はげ山」といっていいほどだったと聞いています
「燃料革命」と土地利用の変遷の結果 相生山の植生遷移はすすみました
言ってみれば 人の関わりと自然現象が 「里山」を必然的に変化させたのです
「地久温暖化」は 今後ますます森林の景観を変えていくでしょう
自然の移り変わりを 人為的に抑制して それが『健全化』?!
伐採地①IMG_2963 (640x427)
伐開された元アベマキ林の林床には アラカシ(粗樫)など照葉樹の幼木
「里山風」森づくりが好きな人びとのような 「明るい雑木林」ではなく
「暗い」常緑の森への遷移が いっそう進むのではないかと推測します

そうなったら また税金を使って 育った樹木を伐るのでしょうか
「森の健全化」のためと大義名分つけて

   by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

梅畑に遊ぶ

相生山緑地の北部 菅田の生産緑地は梅畑
梅畑IMG_2917 (640x427)
まだ冷たい風が 斜面にそって吹きおろし
谷底に 春一番の香りが流れ込みます 
導かれて坂を上り シンボルコナラお隣の 早い梅
シンボルコナラ梅IMG_2914 (640x427)
農道から踏み出さないように 注意しながら眺めると
白IMG_2916 (640x427) 桃IMG_2911 (640x427) 
白 ピンク 紅 
赤い枝 緑の枝 
紅IMG_2902 (640x427) 白玉IMG_2913 (640x427)
咲き誇る木 蕾の固い木
広がる梅畑のなかに 個性いろいろ
きっと それぞれ品種名も違うのでしょう
午後梅畑IMG_2977 (640x427)
そんなことを思いながら 
色と香に ひと時をすごしました
いつの間にか 日が傾いて  
夕梅IMG_2976 (640x427)
春 独り占め 夕の梅

    by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

春が来る前に

ことし初めてのスミレの花 タチツボスミレ(立壷菫)
都会の相生山ではありません 美濃奥山の石垣に見つけました
タチツボスミレ②IMG_2898 (640x480)
植栽してから40年以上 放置されたままの人工林
beforeIMG_1360 (640x427) beforeIMG_2418 (640x431)
秋の始めのようす   冬になって林縁の落葉樹が葉を落としても ヒノキの壁
見学IMG_2866 (640x427) 伐採IMG_2870 (640x427)
人家に近い高木の山林は プロの樵さんたちの出番です
林内への入り口を開け 順に切り倒し 幹・枝を除けて 下へ運び出す
伐倒IMG_2871 (640x427)
休憩中に 小鳥がやって来ました モズ(百舌鳥)?
モズ?IMG_2892 (2) (640x480)
伐採前に見かけた子です 山のようすが劇変して面くらっているかしら
次の朝には この子以外に ジョウビタキ・シジュウカラも集まってきました
真っ暗だった山が明るくなるのは 彼らも歓迎してくれたようです
after11_16IMG_2893 (2) (640x372)
斜面下区域の伐採が終わりました 出材・片付けなど
私たちから自然への 「お還し」作業は しばらくかかりそうです
タチツボスミレ①IMG_2897 (640x480)
緊張と力仕事のあとで スミレを見つけました

人がとるべき責任を果したら あとは 
お日さまと水と風の力や 野鳥や昆虫や植物や・・・にお任せです
来年になったら数年経ったら 少しずつ雑木林が育つことでしょう

    by R.63

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line