小さなギャップの物語

相生山の森は 雑木林の森
長い年月の間に 人の手が入った二次林=コナラ・アベマキ林
アベマキ林ギャップIMG_5899 (640x427)
上は菅田集落近くの アベマキ(棈)の林
太い木が数年前に枯れて 昨年倒れた跡が 更地(さらち)のようです
老木のコナラ(小楢) 老木IMG_5969 (427x640) 
老木と言っても 寿命の短いコナラですから 樹齢(推定)80年くらい
前のアベマキと同時期に カシナガノキクイムシによって枯れた幹
菌類たちが ただいま精力的に 分解中
倒木③P7023224 (640x480) 倒木②IMG_5877 (640x427)
梅雨や台風などで たくさん雨が降ったり そのあと 強い日照の時などに
森の景色が 変わっていることがあります
「アレッ あの木が無い!」「ココってこんなに明るかったっけ?」
枯れ松IMG_5901 (640x427)
マツクイムシによる松枯れで 20年以上前に寿命尽きたアカマツ(赤松)
長年 尾根で立ち枯れ状態でしたが つい最近倒れてしまいました
倒木コナラ 倒木IMG_5919 (427x640)
大きな木が倒れた後の「更地」には 林床にまで陽が入るようになり
新しい植生が 育ち始めます
シードバンクとして地中で 千載一遇の機をうかがっていた ウルシ類
風に運ばれてきた 日なたが大好きな 草本たち ツツジ類やマツ 
周りと異なった 小さなギャップが 森のあちこちに出現します
そして そこでも 植物たちの新しい遷移が しずしずと進み始めます
シイノキ幼木 シイノキ2013_5 (480x640)
これは2013年5月の画像 コナラの倒れた後の小さなギャップに
カケス(鵥)が落としたと思われる 種子が発芽 育ちました
最近の調査では この子の樹高は4mを超え 幹直径は2cmになっています

「森の一生は800年」と言われます
何らかの要因で 森が裸地になってから 本来植生の森に育つまで800年
人の一生が80年として 森の時間は人の10倍
私たちの成長に比べれば 10年かかってやっと1年分・・・・!

相生山の森 自然の営み 
せかせか焦らず 次の世代 その次の世代に託す 心がまえを教えてくれます

  by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

『猛暑日』の予感

早朝から暑い日 猛暑日③IMG_5957 (2) (480x640)
お昼過ぎには いちだんと気温の上がりそうな気配
昨年の記録は こちら
猛暑日①IMG_5900 (640x427)
テレビとかで「真夏日」「猛暑日」・・・・日ごとにヒートアップ
耳に入れば入るほど よけいに暑さを感じてしまう
 
「異常気象」とか「地球温暖化」とか 最近は言われなくなった気がする
「熱中症対策・・・こまめに・・・」 待ってよ! その根本対策は?? 
    猛暑日②IMG_5967 (427x640)
人口減の社会が目前だと 言われて久しいけれども
山や森を壊して 「開発」推進し モノトーンの道路や住宅に変え
水を留めることが出来なくなった大地は 乾くだろう 熱を増幅させるだろう

さらに 身近に自然を失くした ヒトの精神は
弱い者いじめや 肉親を傷つけあったり 無差別殺傷に向かってはいないか
自己と身内優先・その場限り・倫理節操省みない悪政を 容認していないか

暑い夏だから こころと体に みずみずしい森を求めたいです


      by  ai


theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

もうスグ 夏休み ですね

夏休みが やって来る
子どものころ ちょうど今時分が 一番うれしかったです
ツユクサIMG_5960 (640x427)
夏休みは ツユクサ(露草)と一緒にやって来た 思いがあります
ツユクサの青い色が 子どもの頃に引き戻してくれるよう

それから 蝉 セミの抜け殻IMG_5964 (640x427)
セミの声は 載せられないので 抜け殻で代用
子どもの頃に聞いたのは 
ミンミンゼミやツクツクボウシやアブラゼミやニイニイゼミだったのですが
ここ相生山では しゃんしゃん賑やか クマゼミが多い気がします

ナガバジャノヒゲ(長葉蛇の髭)の花 見つけました
ナガバジャノヒゲ①IMG_5971 (640x427)
この真っ青の実は ままごとに無くてはならないものでした

ツユクサと セミと 夏休みと 馴染みの遊び
夏は 子どもの頃に戻されていく季節です

    by  アイ

 
 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

7月の果実

雨と夏の日光を得て
相生山 森のいのちが膨らんでいます
アオハダIMG_5902 (640x427)
アオハダ(青肌) 葉腋にくっ付いて 上向きのサクランボみたい
ソヨゴIMG_5906 (640x483)
ソヨゴ(冬青) ゆらり揺れます つやつや坊や
サワフタギIMG_5911 (2) (640x427)
サワフタギ(沢蓋木) とんがり帽子 藍く熟す頃は丸くなってるよね
イソノキIMG_5904 (640x427)
イソノキ(磯の木) あの小さな花から こんな立派な実!
ヤマウルシ(山漆) ヤマウルシIMG_5941 (427x640)
毛がこれだけハッキリすれば 無毛のヤマハゼとの違い歴然
ウメモドキIMG_5965 (640x427)
ウメモドキ(梅擬) この子も 花より果実になってからが目立ちます
アラカシ②IMG_5973 (640x427)
アラカシ(粗樫) 高い枝をzoomで撮ったので 縞々同心円がイマイチ
シャシャンボIMG_5966 (640x427)
シャシャンボ(小小坊) 出来立ての果実 花が残ってます 花殻も

ますます元気な昆虫たちが目立ちますが 彼らにかじられたりしながら 
森の果実たちも 負けずに育っています 
やがて熟して 野鳥たちに食べられて 運ばれて 育っていきます

      by  Oak. 

  

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

梅雨明け?

朝2IMG_5955 (427x640)
朝8時の相生山緑地
朝3IMG_5958 (640x427)
今日は 猛暑日になるのだろうか
蝉の抜け殻朝のセミIMG_5963 (427x640)
一昨日の雨の後に 生れ出た子?
朝1IMG_5956 (640x427)
コナラ(小楢)の向こうに 真夏の太陽
梅雨が明けたのかもしれないね

   by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

変形菌について ~ノートさんより~


先日の「菌類の花」記事へ おたよりをいただきました
いきもの観察の先輩で ブログ友の ノートさんからです  

 黄色い菌糸のようなものは、ススホコリなどの
 変形菌の変形体のように見えます。

 名前に「菌」がつきますが、菌類とはまったくちがう生き物です。

 キノコと同じように、梅雨の時期にはよく見かけます。

 参考までの私の変形菌のページのタグです。 
こちら

 私の勘違いだった場合は、お許し下さい。

   変形菌IMG_5872 (2) (536x800) 先日の画像を拡大編集

 変形菌はバクテリアなどを食べますので
 記事のテーマからするとちょっと外れてしまうかもしれませんが、
 キノコと同じ豊かな森の住人ですね。

 今度見かけることが有りましたら、
 1~2時間ほど時間を空けてみてください。  
 きっと形が変わっていますから。 
 こちら

ノートさん ありがとうございました
「変形菌=粘菌」については 南方熊楠の名前と共に聞いてはいましたが
初めて 具体的に知ることができました
しかも 相生山緑地の なじみのコナラの根元で!
今度は意識して 2時間ぐらい眺めてみようと思います

ノートさんのブログ 「いきもの は おもしろい」は こちら
ご訪問をお勧めします
きっと 新しい世界が 広がります

    by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
リンク
line
月別アーカイブ
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line